コラム

真珠湾攻撃から80年、日米の相互和解は果たされたのか?

2021年12月08日(水)14時20分

ワシントンのメモリアルサイトで献花したバイデン夫妻 Tom Brenner-RETERS

<日米首脳の相互献花によって日米戦争の和解は完了されたと言えるが、両国関係が盤石だからといってそれに甘えるのは危険>

日本では真珠湾攻撃の記念日は12月8日ですが、アメリカでは時差の関係で毎年12月7日に追悼の行事があります。80年目の「12月7日」、アメリカは平穏でした。ハワイでは追悼行事がありましたし、ワシントンDCではバイデン大統領がナショナル・モールのウォーメモリアルサイトで献花を行いました。

そのバイデン大統領の花輪には「ヒマワリ」の花があしらわれていたそうです。これは、5日の日曜日に98歳で死去した元大統領候補で、共和党の上院院内総務であったボブ・ドール氏への追悼の意味が込められていたのでした。ドール氏は、確かに第二次大戦に従軍しており、右手に重傷を負っていたことは有名です。

ですが、ドール氏が従軍していたのは欧州戦線でした。そのドール氏への追悼を、同じ花輪に含めたということは、この花輪は第二次世界大戦全体への追悼という意味になります。ということは、花輪の意味としては、真珠湾攻撃の80年という意味合いは薄れているわけです。これは、2021年のアメリカが、真珠湾という事件への和解を完了させていることの証拠と思います。

戦後アメリカでの山本五十六への評価

真珠湾の和解ということでは、毎年2月に行われている「ホノルル・フェスティバル」の際に2007年以来「ナガオカ・ファイアーワークス」つまり「長岡花火」の打ち上げが恒例となっています。残念ながら2021年2月は、コロナ禍のために中止となりましたが、環境が整えば再開されることと思います。

長岡市は、他でもない山本五十六提督の出身地です。ハワイの人々からすれば、山本提督は、真珠湾への奇襲攻撃の責任者ですから、仇敵に他なりません。アメリカは、その山本を1943年にブーゲンビルで暗殺したばかりか、戦争終結直前の1945年8月1日には、その出身地の長岡市に猛烈な空爆を行っています。いずれも真珠湾攻撃への報復として行われたという理解ができます。

ですが、戦後のアメリカでは、山本が実はハーバードに学び、「ナショナル・ジオグラフィック」誌を愛読した知米派であったこと、それ以前の問題として旧海軍にあって「命懸けで」日独伊三国同盟に反対していたことは徐々に知られるようになっていました。そうした知識は、当初は軍学校での教育を通じて広まり、現在ではアメリカの高校の歴史の授業においても、「ヤマモトは立派な軍人」という紹介がされることもあります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

ビジネス

アングル:多様化進む米FRB、地区連銀が先行 課題

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中