コラム

「You can use this Internet for free.」日本の無料Wi-Fi案内で見つけた妙な英語

2019年11月22日(金)10時55分

scanrail-iStock.

<不自然な表現やギクシャクしたフレーズ――。公共のWi-Fiサービスが増えてきたのはありがたいが、その説明文には英語の問題が多く見られ、意味不明となっているケースもある。どう変更すれば誤解を生まずに済むのか、ネイティブがチェックします>

私は日本国内を移動しながら、公共の無料Wi-Fiサービスを使うことがよくあります。便利ですし、日本の携帯電話を持っていない外国からの観光客にとっては不可欠なので、近年Wi-Fiがさまざまな場所で提供されるようになったのはとてもありがたいことです。

しかし、残念ながら、無料Wi-Fiのアクセスページなどの英語の説明文には理想的とは言えない書き方が頻繁に見られます。なかには日本人が英語でよく間違えるポイントも多く含まれているので、分析すれば良い勉強の材料になるでしょう。

皆様にとって参考になれば嬉しく思います。

SNSは英語ではない、mail addressとも言わない

●Shinkansen Free Wi-Fi
You can use this Internet for free.
You have to register your mail address or SNS account.
This page will be displayed after having used this Internet for thirty minutes.

このお知らせには複数の英語の問題があるので、1つずつ見ていきましょう。

・まず、口頭であれば文章をYouで始めることは多いのですが、書き言葉ではあまり使われず、かえってカジュアル過ぎる印象を与えてしまいます。

・this Internet とは普通言いません。Internetは1つしか存在しないので(※)、Internetが複数あることを示唆するthisの代わりに、1つだけということを示すtheを使います。なお、厳密に言うと、ここで提供しているのはWi-Fiサービスであり、インターネットではありません(そのサービスを通じてインターネットにアクセスします)。そのため、ここではInternetという単語を使わないほうがいいでしょう。

・for freeは間違ってはいませんが、これもカジュアル過ぎる言い方に聞こえます。

・英語ではmail addressとは言いません。email addressです。

・SNSは英語ではありません。英語ではsocial mediaと言います。

・will be displayed after having used...for thirty minutesは、非常にギクシャクした言い方ですし、意味も不明確です。

※Internetの説明について誤りがあったため訂正しました(2019年11月23日13:00)。

上記を踏まえて、このように書き直すと適切な仕上がりになるでしょう。

There is no charge for using this Wi-Fi service.
However, registration is required (by email address or social media account).
Re-login is required every 30 minutes.

ところで、なぜ無料のWi-Fiにアクセスするために、メールアドレスやSNSのアカウントを登録しなければならないのか、私には全く分かりません。それはセキュリティの面で良いとは言いがたいですし、使用方法がよりややこしくなるため使用者にとって不便でもあります。

私はいつも入力したメールアドレスが盗まれるのではないかと心配していますし、メールアドレスでもSNSアカウントでも匿名のものを簡単に作れるため――登録させるのはセキュリティのためだろうとは思うのですが――悪意のある人がもし何か問題を起こしても、その人を特定することはできないのです。

ほかの国は最近チェックしていませんが、アメリカの場合、メールアドレスなどの登録を求められることはほとんどありません(レストランや小売店舗の一部は、宣伝のためにフェイスブックでのチェックインを求めますが、それはとても少ないです)。

メールアドレスかSNSのアカウントを要求するのは、日本のリスク回避志向文化の表れや、security theater(セキュリティ対策を取っているように見せかけること)なのではないかと思いますが、是非再考してほしい習慣です。

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 北九州市立大学英米学科グローバルビジネスプログラム教授。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『英語の品格』(共著)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著)など著書多数。最新刊は『マンガでわかる外国人との働き方』(共著)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

財政主導で物価2%、インフレ率で規模調整=西田・自

ビジネス

焦点:滴滴出行が米上場廃止へ、中国勢IPOは一層冷

ワールド

ソロモン諸島、首相不信任案を否決 首相は抗議デモ批

ビジネス

独鉱工業受注指数、10月は前月比-6.9% 外需低

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中