コラム

中東徒然日記 酒井啓子
中東徒然日記 酒井啓子

「〇〇十周年」が重なった中東の2021年......9.11、ソ連解体、湾岸戦争、アラブの春

<アメリカのアフガニスタン撤退を機に、いま中東は近代では前例のない「超大国の不在」を経験しつつある> 今年も終わりに近づいている。 2021

2021.12.23
中東徒然日記 酒井啓子

第5回国会選挙が、イラク政界にもたらす新しい風

<有権者はベテラン議員にはもう期待せず、新人にしか期待できない> 先週から日本は、総選挙に向けた選挙戦に突入して賑やかな毎日が続いているが、

2021.10.20
中東徒然日記 酒井啓子

何が悪かったのか:アフガニスタン政権瓦解を生んだ国際社会の失敗

<大国の軍事力に代わる有効な「人道的介入」の方策を、国際社会が確立することは結局できなかった> 8月15日、ターリバーンがカーブルを制圧し、

2021.08.19
中東徒然日記 酒井啓子

東エルサレム「立ち退き」問題で激化する衝突

<イスラエル占領地の住民には、じわじわ悪化していく現実に対するフラストレーションがたまり続けている> イスラエル併合下にある東エルサレムで、

2021.05.12
中東徒然日記 酒井啓子

ローマ教皇のイラク訪問は何を意味するのか?

<教皇の目的は、イラクで見捨てられがちなキリスト教コミュニティーを見舞うだけではない> 3月5〜8日に行われたローマ教皇フランシスコのイラク

2021.03.11
中東徒然日記 酒井啓子

バグダードのテロ再び──テロ犠牲者の遺恨を体現した「フランケンシュタイン」は再来するか?

<バイデン米大統領の就任を受け、米軍撤退後のイラクを再び混乱に陥れようとISが動き始めた> 1月21日、イラクの首都バグダードの中心街で大規

2021.02.02
中東徒然日記 酒井啓子

バイデン政権誕生を後押ししたアメリカ人ムスリムの政界進出

<大統領選と同時に実施された5つの州の州議会選挙でムスリムの候補者が初当選した> トランプ米大統領が敗北宣言を出さないまま、アメリカでは次期

2020.12.03
中東徒然日記 酒井啓子

「自分たちは欧米研究者の下請けか?」自立を目指すアラブ人研究者たち

<先進国の多くの若手研究者が、現地の研究機関に調査費を支払ってデータ収集やアンケート調査を手伝ってもらう> コロナ禍で、その形態ががらっと変

2020.10.15
中東徒然日記 酒井啓子

UAE・イスラエル和平合意は中東に何をもたらすのか?

<テロや暴動よりももっと深刻な問題を、イスラエルは抱え込むことになる> 8月13日、UAEがイスラエルと和平合意の締結を発表した。イスラエル

2020.08.25
中東徒然日記 酒井啓子

イラン・イラク戦争から40年、湾岸危機から30年:イラン革命以降、いまだに見えない湾岸地域の到達点

<アメリカだけでなく湾岸地域の全ての当事国が、長期的なビジョンを描けないまま迷走を続けている> 2020年は、中東のいろいろな出来事の「〇〇

2020.07.31

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中