コラム

高潔なる政治家、コリン・パウエルの死と「歴史のif」

2021年10月27日(水)13時30分

黒人初の国務長官になったパウエル REX/AFLO

<84歳で死去した黒人初の米国務長官。過ぎ去りし日への郷愁と「パウエル大統領」への想い>

数々の「史上初」を成し遂げたコリン・パウエルは、現代国際政治の歴史に間違いなく名を残す人物だ。

黒人を奴隷にするという罪の上に築かれたアメリカ合衆国において、いまだに黒人への差別と偏見がまかり通る時代に少年期と青年期を送ったパウエルは、黒人として初めてアメリカ軍の制服組トップ(統合参謀本部議長)とアメリカの外交トップ(国務長官)に上り詰めた。

10月18日、パウエルが84歳で死去し、その訃報が流れると、多くの人が故人の人格と知性、そして勤勉さと優しさをたたえた。「パウエルのルール」と呼ばれる13の指針は、その人柄に裏打ちされた素晴らしい人生訓として知られている。

しかし、私たちはこの偉大な人物に惜しみない賛辞を送りつつも、故人の存在と言葉を永遠に失ったことへの悲しみに加えて、過ぎ去りし日々への郷愁と胸の痛みを感じずにいられない。

21世紀のアメリカの歴史を振り返ると、パウエルにまつわる「歴史のif」にどうしても思いをはせたくなる。

過去半世紀で最大の外交上の失敗とも言うべき2003年のイラク戦争は、イラクのフセイン政権が大量破壊兵器を保有していると、パウエルが国連安全保障理事会で報告しなければ起きなかったに違いない。

パウエル自身はこの戦争に懐疑的で、開戦に強く反対したが、1人の忠実な軍人としてアメリカの情報機関と軍最高司令官である大統領の判断を尊重した。パウエルは自身の完璧な信用をイラク戦争開戦のために用いたのだ。

戦争は泥沼化し、アメリカの地政学的な力とソフトパワーが大きく損なわれた。アメリカは、それによる国家の衰退からいまだに立ち直れていない。イラク戦争は、パウエルの偉大さ故に起きた戦争だったと言えるのかもしれない。それほどまでに、パウエルは素晴らしい人物だった。

もし1996年の大統領選に出馬していれば、現職のビル・クリントンを大差で破って当選していただろう。この年の大統領選で再選されたクリントンに不倫スキャンダルが持ち上がり、対立陣営から猛攻撃が加えられた。

もし、謹厳実直なパウエルが大統領になり、ホワイトハウスがこのようなスキャンダルに汚染されていなければ、アメリカが今日のようなイデオロギー対立に引き裂かれることはなかったのではないか。トランプのような高潔さの対極にある人物が大統領に選ばれることもなかったのではないか。そんなふうに思いを巡らせずにいられない。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中