コラム

トランプの足音再び――2022年の米政治を左右する4つのポイント

2021年12月22日(水)12時00分

バイデンもハリス(後ろ)も支持率は振るわない JONATHAN ERNSTーREUTERS

<共和党が中間選挙で失地回復する一方、民主党では「不人気」ハリス副大統領を見切る声が。後継者と目される人物とは......>

2021年の終わりに当たり、2022年のアメリカ政治を最も大きく左右しそうな4つの問題について考えてみたい。

1. バイデンは「軟弱」のレッテルを剝がせるか

バイデン米大統領の経済実績を客観的に見れば、世論調査の数字はもっと高くてもいいはずだ。就任以来、住宅価格は20%超の上昇。家計資産は19・6%増と、最近のインフレの影響をはるかに上回る。それでも支持率は42%と、危険水域で低迷している。

バイデンが不人気なのは、「軟弱」とみられているからだ。就任当初の「ハネムーン」期には、リベラル派は前任者(トランプ)と対照的な冷静さと常識を称賛したが、有権者の評価は(特に大統領選勝利の決め手となった無党派層で)逆転した。

国境地帯では移民が増え、インフレは7%近くに達し、殺人事件も増え、ロシアのプーチン大統領と中国の習シー・チンピン近平国家主席は蜜月を演出している。

バイデンはこれらの問題と戦う力とスタミナ、気力が残っていることを示し、「軟弱」のレッテルをはがさなければならない。

2.共和党の中間選勝利でトランプはどう評価されるか
 
共和党が上院で、そしておそらく下院でも多数派を奪還するのは間違いなさそうだ。

中間選挙の政党別世論調査では、民主党に4ポイント差を付けている。さらに再選を目指さず引退を表明した現職議員は民主党が共和党より50%多く、現状に満足しているアメリカ人は30%を下回る。

歴史的に見ても、大統領与党は1946年以降、中間選挙で平均27議席減らしている。共和党内部では、依然としてトランプの力は圧倒的だ。トランプの推薦を受けた候補は、ほぼ確実に予備選で勝てる。

ただし、共和党が大番狂わせを演じたバージニア州知事選は、大統領返り咲きを狙うトランプにとって不利に働く可能性がある。共和党の候補は20年の大統領選でバイデンが10ポイント差で勝った州で民主党の前知事を破ったが、勝利のカギはトランプの介入を実質的に阻止したことにあった。

ワシントンでは、2021年1月の連邦議会乱入事件を扇動したトランプの役割に関する調査委員会の活動が本格化している。前大統領の影響が小さい選挙区で勝てれば、上下両院で多数派を奪還できる──共和党がそう判断すれば、トランプとの関係を見直す可能性がある。

3.ハリスは後継者になれるか 

ハリス副大統領の不人気ぶりは驚くべきレベルだ。支持率はトランプより低く、仮に次の大統領選でトランプと対決した場合、10ポイント近い差で負けると予測されている。

民主党にとってはまさに悪夢だ。バイデンは再出馬の意向を示しているが、2期目の終わりには86歳になっている。民主党陣営は早くもハリスに見切りをつけ、バイデンの別の後継者を見つけようと躍起になっている。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は反落、景気懸念くすぶる 押し目買い

ワールド

ウクライナ大統領、「歴史は転換点」 ダボス会議で演

ビジネス

ユーロ圏財務相、中立的な財政政策への移行で合意

ビジネス

金融緩和を粘り強く続け、経済の回復サポート=中村日

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で訴えられる 

  • 2

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデンカムイ」の功罪

  • 3

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    マウンティングはどこまで我慢すべき? 名医が教える…

  • 7

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中