コラム

自分たちを搾取するファーウェイCFOの釈放を「中国の勝利!」と喜ぶ人民たち

2021年10月06日(水)17時49分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
孟晩舟(風刺画)

©2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<カナダで逮捕されたファーウェイCFO孟晩舟が中国に帰国。バブル崩壊危機や大停電に苦しむ国民たちは、帰国に熱狂している>

中国各地で大停電が起きている時、「ファーウェイプリンセス」と呼ばれる同社CFOの孟晩舟(モン・ワンチョウ)が9月25日、政府チャーター機で帰国。そのニュースに全土が沸いた。

ほとんどの中国人はアメリカに勝ったと思い込み、不動産大手の恒大集団で投資に失敗した人々さえ、「彼女は海外で3年軟禁されても不屈だった。われわれは投資した住宅の建設が止まっただけだ!」と興奮した。

1996年設立の恒大集団は中国不動産業界の巨人だったが、今では借金の巨人だ。負債総額は約3050億ドルで、中国のGDPの2%。その最たる被害者は個人投資家だが、彼らは孟のような特権階級にとって、自分たちが好き勝手にできる「ニラ」でしかないことが分からない。

「割韭菜(ニラ刈り)」は中国SNSでいま最もはやっている言葉。ニラは雑草のように刈っても伸び、伸びては刈られる。中国の本当の既得権益者はお金の命脈を握る権力者と彼らにコネがあるその関係者だけ。庶民は刈られるニラでしかない。

中国の不動産バブルには、かつての日本のバブルと本質的な違いがある。中国の土地は国家所有で、売買されているのは70年間の長期使用権にすぎない。土地の使用許可はごく一部の権力者やその関係者が握っている。加えて権力者たちは簡単に公共資産を私物化し、土地価格を高騰させ、企業と結託して暴利を貪る。

中国で汚職事件が相次ぐ理由も、そこにある。今年3月、遼寧省大連市のある区の共産党書記が2714戸の住宅と142台の車を横領し、不正に集めた資産が100億元(約1700億円)に達したと記事になった。区委書記という末端レベルの権力者でさえ世界を啞然とさせる汚職を実行できるのなら......。

鄧小平は「先富論(先に豊かになれる者から豊かになる)」を唱えたが、「先に豊かになれる者」とは権力者や孟のようなその関係者だ。普通の中国人は誰でも知っているが、なぜか彼らの孟への崇拝は絶えない。

始皇帝が万里の長城を自慢するのはまだ理解できる。だがそこに夫を埋められた孟姜女(もうきょうじょ)が長城を自慢するのは、どう考えてもヘンだ。

ポイント

孟晩舟
華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)。対イラン制裁措置に違反した疑いにより、2018年にアメリカの要請に基づきカナダで逮捕された。

孟姜女
中国の民間伝説の主人公。秦の始皇帝時代、夫が万里の長城建設の人夫として徴用され、過酷な工事で死んだ。彼女の慟哭で長城が崩壊し、埋まっていた夫の亡きがらが発見されたという。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国輸出、11月は前年比+22%に減速 輸入は伸び

ビジネス

中国人民銀、農村・小規模企業向け再貸出金利を0.2

ビジネス

中国恒大の香港株が7%超上昇、再編近付く

ビジネス

旧村上ファンド系、新生銀株の保有比率9.16%に 

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中