コラム

中国のプロパガンダ映画が、思わぬ反応を招いてしまった政府の大誤算

2021年10月20日(水)12時02分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
映画『長津湖』

©2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<朝鮮戦争の有名な戦闘を題材とした映画『長津湖』は大ヒットしたが、同時に観客たちの思わぬ反応を招いてしまった>

今年の国慶節期間中、愛国映画『長津湖』が中国で大ヒットした。政府の意に沿って製作された映画で、各地の学校や組織を総動員した結果、公開11日目で興行成績は40億人民元(710億円)を突破した。米中関係が悪化するなか、対米プロパガンダの一環だといわれている。

映画の題材は朝鮮戦争の有名な戦闘「長津湖戦役(長津湖の戦い)」だ。71年前の1950年11月、中国人民志願軍と名前を変えた人民解放軍が朝鮮戦争の戦場でいかなる苦難にも屈せず、人海戦術で米軍を撃退し勝利を収めた偉大さを褒めたたえた。氷点下40度の酷寒の戦地で無数の列を作った中国人兵士が氷彫刻の群像のように凍えている──過酷な戦場を再現した映画に観客は震撼し、愛国心を強めた。そして、朝鮮戦争の歴史に対する好奇心も呼び起こした。

ここで厄介事が起きた。関心を持った観客によって戦争経験者の証言やアメリカが作ったドキュメンタリー映画など歴史資料が掘り返され、中国SNSでたくさんシェアされたのだ。

朝鮮戦争はアメリカの侵略戦争であり、朝鮮の次に中国を侵略する企てがあった。だから中国の参戦は「抗美援朝、保家衛国」の正義の戦いだ──と中国の学校では教えられてきた。しかし歴史資料を見ると必ずしもそうではない。

まず戦争は北朝鮮が韓国を侵略して始まった。ならば、240万以上の兵力を投入した中国の北朝鮮への援助は正義と言えるのか。何十万という中国の若者の命と引き換えに、独裁政権を生き延びさせたことは勝利と言えるのか。長津湖の戦いで戦死ではなく凍死した中国人兵士の犠牲は、北朝鮮の人々に自由かつ豊かな生活ではなく、不自由と貧しい生活だけをもたらした。これほど悲しいことはない。

中国のネットでは公開をきっかけに、朝鮮出兵に対して批判の声が出始めた。だが、投稿は次々削除され、映画を批判したある有名なジャーナリストは英雄侮辱罪で逮捕された。

現在の中国は、時々「西朝鮮」と皮肉られる。北朝鮮のような危ない存在という意味だ。71年前のまるで北朝鮮のように、「北の大国」ロシアの暗黙の了解を得て、「南の小島」台湾を攻撃する可能性は十分にあり得る。歴史は繰り返すのだ。

ポイント

禁止差评
悪い評価禁止

抗美援朝、保家衛国
アメリカに反撃を加え朝鮮人民を支援し、郷土と国を守る

長津湖戦役
1950年11月から12月にかけて、現在の北朝鮮中部にある長津湖付近で起きた朝鮮戦争での戦闘。戦局巻き返しのため参戦した中国軍と米軍を主とする国連軍が初めて交戦した。米軍を包囲した中国軍側にも防寒具や食糧の不足で大量の死者が出た。

20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月7日号(11月30日発売)は「文化大革命2.0」特集。習近平が主導する21世紀の共産主義運動。思想・情報統制をどこまで強化するのか、独裁者の真意はどこにあるのか

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中