コラム

白い頭巾を脱いだ人々がまき散らす、アメリカの「新たな伝染病」(パックン)

2021年07月27日(火)18時09分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
白人至上主義者(風刺画)

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<白人至上主義的な人々が「ホワイト・ウォッシュ」された教科書を押し付け、自由な歴史教育を妨げている>

円錐形の白い頭巾。紛れもなく白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のシンボルだ。数百万人の会員を誇った100年前のピーク時と比べると少ないが、いまだに数千人がこの頭巾をかぶる。新型コロナウイルス予防のため、同じ保守系の白人があんなに顔を隠すのを嫌がっているのに......。

手にしているのはWhitewashed history(ごまかした歴史)の本。もともとwhitewashは白い塗料を塗るという意味だが、この「教科書」の内容は童話の定番の締めのせりふでアメリカ史の汚点をまさに「白く」塗りつぶそうとしているようだ。

しかし、背後のつるされた人が本当の歴史(actual history)の残酷さを物語っている。奴隷がアフリカからアメリカ大陸に初めて連れてこられた1619年から250年近く奴隷制度は続いた。南北戦争後に「解放」された黒人はそれから100年間「リンチ」、つまり超法規的な死刑によって殺され続けた。

その犠牲者は数千人に上るという。公民権運動以降、リンチはほとんどなくなったが、今でも多くの黒人が警察に殺されている。20~35歳の黒人男性に一番多い死因の1つは警察による暴力だという。「警殺」と改名してもいいほどだ。

このほかに、黒人に不動産を買わせない。お金も貸さない。投票させない。医療サービスを与えない。白人より厳しい量刑を科す。よりひどい条件でより安い賃金で働かせる。などなど、黒人を苦しませる法律、条例、規制、規範の存在はアメリカの恥でもあり、真実でもある。

しかし、学校の先生がその事実について自由に教えることを、アメリカの保守派は許さない。共和党の政治家たちは、全米の半数以上の州で、人種差別についての指導を制限する法案を提出し、11もの州で既に可決させている。

例えば、制度的人種差別を考えるCritical Race Theory(批判的人種理論)の教育を禁じるアリゾナ州の新法は5000ドルの罰金を伴う厳しいもの。一方、白人を美化する歴史はいくらでも教えていい。「アメリカに制度的な差別はない!」と主張する共和党自身が差別的な制度を作っているのは実に皮肉だ。

100年前にもKKKは同じように教育内容の制限を推進した。今回は誰も円錐形の頭巾をかぶっていない。むしろ保守系メディアに堂々と出て歴史修正の思想を勢いよく広めている。そしてどうやら、この病も顔を隠さないほうが感染拡大するようだ。

ポイント

WHITE PEOPLE TREATED BLACK PEOPLE WITH RESPECT AND THEY ALL LIVED HAPPILY EVER AFTER!
白人は黒人に尊敬の念を持って接し、両者は末永く幸せに暮らしましたとさ!

20210921issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月21日号(9月14日発売)は「歴史で読み解く台湾情勢」特集。米中対立の「発火点」――歴史・文化・軍事・技術から台湾情勢を解き明かす。解説:野嶋 剛(ジャーナリスト)ほか

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中