コラム

米民主党のスター知事、驚愕のセクハラ弁解の内容とは(パックン)

2021年08月17日(火)20時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
クオモ知事のセクハラ疑惑(風刺画)

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<セクハラ疑惑をきっかけに辞任にまで追い込まれたクオモ州知事だが、その言い訳は「自爆」でしかなかった>

アンドルー・クオモの人生は順風満帆だった。3期を務めたニューヨーク州の人気知事の父を持ち、自身も3期目の同州の人気知事。コロナ対策で株を上げ、次期大統領選への出馬も噂されたほどだ。しかし、セクハラ疑惑が浮上した昨年末から風向きが180度変わり、辞任を表明。今は逆風満帆とでも言えよう。

8月、ニューヨーク州の司法長官が疑惑の調査報告書を公表した。アシスタントや元側近、警護担当など11人の女性に対するクオモ氏のセクハラ行為が赤裸々につづられていた。口にキスしたり、お尻や胸をつかんだり、おなかや足を触ったりした。「年上の男は好きか?」とか、「僕は触られたい!」とか「脱衣ポーカーをやろう!」などと口説いたりした。疑惑が浮上すると事実を隠蔽したり、証言者を中傷したりした。

報告書は、こんなドロドロな話で165ページにわたる大作になった。夏休み中にホラーやゾンビ系の小説を読むアメリカ人は多いが、今年はこの報告書で十分ヒヤッとするだろう。

一方、クオモ氏は「不適切な接し方は1回もしていない」と疑惑を強く否定する動画を配信。女性の体に触れたことはセクハラではないと、奇妙な論理で反論した。いわく、「僕は全く同じしぐさを誰にでもする。黒人にも白人にも。お年寄りにも、若者にも。異性愛者にもLGBTQの人にも。権力者にも、友人にも、知らない人にも、道で会った人にも」という。そして、証拠写真がズラリ並んだスライドショーも披露! 確かに属性を問わず、顔を触ったり、キスしたりしていた。

なかにはアル・ゴア元副大統領やビル・クリントン元大統領とのツーショットもあった。セクハラ疑惑を払拭するために、クリントンを引き出すのはなかなか珍しい判断だと思われるけど......。印象として、弁解の中核は I grope everyone(僕はみんなにセクハラする)という主張だったようだ。

クオモ氏がカメラの前でここまで自爆するとは少し驚き。去年、コロナ関連の記者会見はテレビ界の優れた業績に贈られるエミー賞を受賞するほど好評だった。しかし、実はこれも報告書に登場する。関係者の証言によると、事務所に飾ってあったエミー賞の像を見て「こいつ、良いおっぱいしてるだろう?!」というようなことをクオモが言ったそうだ。

ゴアから銅像まで、ストライクゾーンが広いクオモ。今回は三振だったけど。

ポイント

CUOMO'S DEFENSE STRATEGY COULD USE SOME TWEAKING...

クオモの自己防衛戦略にはちょっと調整が必要だな...

20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月7日号(11月30日発売)は「文化大革命2.0」特集。習近平が主導する21世紀の共産主義運動。思想・情報統制をどこまで強化するのか、独裁者の真意はどこにあるのか

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中