ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

アフガン動乱とタリバン2.0

アフガン動乱とタリバン2.0

米軍の撤退を機に権力の座に返り咲いたタリバンは、アフガニスタンと国民をどこに導くのか

2021.08.28

疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

今も気に入らない女性はなぶり殺し...「タリバンは変わった」の大間違い

<女性の人権の尊重などソフト路線をアピールするタリバンだが、アフガン人にとっては彼らの二枚舌は常識だ> 8月にアフガニスタンの首都カブールを

2021.09.21
アフガニスタン

バイデンの失敗で、テロ組織をめぐる「力学」は9.11以前の状況に逆戻りした

2021.09.15
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

9.11から20年──アメリカをむしばむビンラディンの呪いとは

・9.11の衝撃は社会の分断とヘイトクライムの急増を招き、それはかえってイスラム過激派によるテロを増やすものでもあった。 ・これに加えて、

2021.09.14
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

アフガニスタン暫定政権のキーパーソン──タリバンは何が変わったのか

・7日に発足した暫定政権は国内融和よりタリバン内部の派閥間の論功行賞の意味合いが強い。 ・派閥のなかには実利性重視の穏健派から、これに対立

2021.09.09
アフガニスタン

混沌のアフガニスタンを逃れた難民が向かう国はどこ?

2021.09.09
アフガニスタン

タリバン勝利の裏に習近平のシナリオーー分岐点は2016年

2021.09.06
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「タリバンに学べ」──アフガン情勢を注視する各地のイスラム過激派

・世界各地のイスラム過激派はタリバン復権を強い関心をもってみている。 ・そこにはタリバンが超大国アメリカを撤退に追い込んだからという理由だ

2021.09.03
ロシア

ロシア、「ドラゴンをなだめる」対アフガニスタン戦略

2021.09.03
アフガニスタン

アフガン撤退、バイデンの「テロ対処能力ある」に批判が続出する理由

2021.09.02
欧州インサイドReport 木村正人

アフガンの20年戦争が残した負の遺産「日本も難民受け入れを」

<タリバンの弾圧と極貧を逃れ、冷蔵コンテナでドーバー海峡を渡った元アフガン難民は開口一番こう言った。「アフガンへの3番目の援助国だった日本は

2021.09.02
アフガニスタン

独立の祝砲に沸くタリバンに中国はどう向き合うのか?

2021.09.02
アフガニスタン

タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

2021.09.01
タリバン

米軍が残した武器より危険な生体データがタリバンの手に?

2021.09.01
テロリスクは高まるか

アフガニスタンはなぜ混迷を続けるのか、その元凶を探る

2021.09.01
アフガニスタン

<動画>これでもタリバンを信じられるか

2021.08.31
テロリスクは高まるか

タリバンの思想は農村では「当たり前」? カブール市民が震え上がる「恐怖政権」の正体

2021.08.31
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「タリバンはぬるい」カブール空港爆破テロ実行犯、IS-Kの野望と危険度

・カブール国際空港のテロで「イスラーム国」ホラサン支部(IS-K)は13人の米軍関係者を含む110人以上を殺害した。 ・IS-Kはタリバン

2021.08.31
パリの欧州・EU特派員 今井佐緒里

タリバン、国際資金枯渇の危機:米ドルで三重苦 アフガニスタンの財源は?

<破綻も時間の問題か> ※当記事はYahoo!ニュース 個人に投稿されたコラム(2021年8月23日付)からの転載です。 アフガニスタンの首

2021.08.30
アフガニスタン

アメリカとタリバンの「反IS共闘」に現実味

2021.08.30
アフガニスタン

米軍のバグラム空軍基地放棄がテロを世界に拡散させる

2021.08.30

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 6

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 7

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中