最新記事

インタビュー

ソーシャル時代には「オンリーネス」を発揮せよ

2015年8月6日(木)19時00分
デービッド・ウッズ(Dialogue Review誌編集長) ※Dialogue Review Mar/May 2015より転載

「インターネットは物理的な距離やコスト、時間など、多くの障壁を取り払ってくれました。今では、かつては巨大な組織にしかできなかったことも、『つながりあう人々』が実現できます。ネットワークこそが、これまでの企業に代わるものであり、何かを成し遂げるための新しい方法なのです。もちろんネットは、すべての権力の形を変えたわけではありませんし、『何でもできる』という白紙委任状が与えられたわけでもありません。しかし、誰もが、以前より多くのことを成し遂げることができるようになったのは、紛れもない事実です」

 マーチャントの提唱する「オンリーネス」という概念は、私たちの一人ひとりは、他の誰も占めることのできない唯一無二のポジションにあり、その独自性は誰もが獲得できる財産である、というものだ。それは単なる流行りの経営コンセプトではない、とマーチャントは強調する。「オンリーネス」は「あった方がいい」といったレベルのものではない。私たちの経済が生き残るために欠かせないものだというのだ。

「ビジネスが失敗するのは、たいていその担い手が古い考えにしばられていることが原因です。彼らはカネや組織、資本といった観点で物事を考えます。しかし、世界には70億もの人間がいて、たくさんの才能がまだ埋もれていると考えてみたらどうでしょう? 大きな変革のきっかけになるのではないでしょうか」

リーダーシップは70%が後天的要素

「実際にビジネスがうまくいっている人にとってみれば、物事を変えたいと思う理由は見つからないかもしれません。自分が今いるポジションを捨てる必要を感じないことでしょう。マイホームを所有しているようなものです。でも、その家が不良物件だったらどうしますか? もっと大きな家を建てればいいのです。そこに多くの人々を招き入れましょう。まさに今、新しいタイプの人々に力を与えることで新たな価値を生み出す、構造的転換が起きつつあります」

「『守旧派』が永遠に権力をもち続けることはあり得ません。中世末のヨーロッパでは、王権神授説が唱えられ、王は、神によって自分たちに独裁権力が授けられていると信じていました。しかし、その後の市民革命で、その権力はくつがえされました。同じことが現代のビジネスにおいても起こることでしょう。ビジネスリーダーの"現代版王権神授説"がくつがえされ、権力がエリートたちの手から離れていくはずです。そして、そのことは必ず世界に大きな変革をもたらします」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月