コロナ禍で「売れた↗」「売れなくなった↘」商品ランキングTOP30

2021年3月27日(土)10時08分
伊藤 歩(金融ジャーナリスト) *東洋経済オンラインからの転載

hisa nishiya - iStockphoto

新型コロナの感染が確認されてから、2度目の桜のシーズンがやってきた。市場調査会社のインテージが、新型コロナ禍の影響を受ける直前から週次で全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップなどの販売動向を追っている「新型肺炎カテゴリー動向」。

今回からデータソースを変更し、昨年末まで約4000店だった調査対象店舗を、年明けから約6000店舗に拡大、精度を高めるため設計の見直しも実施した。2020年1月6日週からだったデータの起点も2019年12月2日週に変更、補正をかけた。

このほど公表した1月最終週までのデータでは、新型コロナ時代の"3種の神器"であるマスク、手指消毒剤、非接触型体温計の一部に変化が現れた。

対前年比で大幅減に転じたマスク、手指消毒剤

まずは次の"新3種の神器"のグラフをご覧いただきたい。最大で前年同期比3000%に迫る場面もあったので、30%や40%の伸びが小さな伸びに見えるが、新型コロナ襲来直前の2019年12月は、インフルエンザが大流行したため、マスク、手指消毒剤、非接触型体温計の販売高は、軒並み対前年比で数十パーセントの伸びを示していた。

newsweek_20210325_224300.jpg

それが1月に入って収束。1月下旬頃から新型コロナの影響でマスクと手指消毒剤が数百パーセントの伸びとなり、供給が追いつかなくなった3月にいったん後退。供給が追いついたことで、5月以降は1000%超えが常態化した。

非接触型体温計は供給が追いつきだした時期が、マスクや手指消毒剤に比べて1カ月ほど遅れたので、1000%を超えだしたのは7月に入ってから。マスクや手指消毒剤が8月以降、下降線をたどったのに対し、非接触型体温計は1000%台の伸びが年明け以降1月18日週まで継続。1月25日週でようやく295.0%に下がった。

公共施設や店舗など、どこでも入場の際に非接触型体温計による検温が常態化したことが原因だろう。1月25日週の新3種の神器の前年同期比は、マスクが21.3%(前年同期比78.7%減)、手指消毒剤が34.2%(同65.8%減)だが、非接触型体温計は295.0%と、一時期ほどではないにせよ、いまだ高水準の伸びが続いている。

新3種の神器の伸び率があまりにも大きいので目立たないが、血圧計が12月以降40%台の伸びを示している。

newsweek_20210325_224653.jpg

コロナ前は、血圧計は市役所や病院、クリニックの待合室に設置されていて、自由に計測することができたが、不特定多数が接触する物品として、一斉に撤去されてしまった。

筆者も血圧は通っていたスポーツクラブで測定していたが、コロナでスポーツクラブ自体が休業してしまい、タダで測定できる場を失ってしまった。そんなタダで計測できる場を失った人たちの需要を取り込んでいるということかもしれない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

インド中銀、政策金利を過去最低に据え置き 「成長が

ワールド

前澤氏、宇宙へ出発 ソユーズ打ち上げ

ワールド

FRB幹部の金融取引、ウォーレン議員が情報開示要求

ビジネス

「ホールセール型」中銀デジタル通貨に期待=豪中銀

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理想の教育とは

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 9

    毎日30分の瞑想で認知症患者の脳に変化、認知障害予…

  • 10

    安倍元首相オンライン演説を台湾はなぜ歓迎しないの…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 9

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月