最新記事

オフィス

急速に進むリアルオフィスへの回帰...企業に求められる「働く場」改革とは

2021年10月29日(金)11時00分
西山亨
マスク姿のビジネスパーソン

Halfpoint-iStock

<国内外でオフィスへの「回帰」が始まっているが、重要なのはコミュニケーションが生まれる空間として正しく機能するかどうかだ。現在のリアルオフィスが抱える課題を解決する可能性を持った「新技術」に注目が集まっている>

東京都が従業員30人以上の都内企業を対象に行っている「テレワーク実施率調査」において、9月のテレワーク実施率は63.9%だったことが発表された。従業員300人以上の企業に限定すると、実施率は90%に上る。

日本企業にもすっかり定着したと言えるテレワークだが、今後も現在の高い実施率がそのまま続くとは限らない。総合商社の双日は、7月から週半分の出社を義務化。丸紅も10月中には週1日の出社を促す体制へ切り替える予定だという。

こうした動きは一足先にアメリカでも現れている。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなどの金融機関は、オフィスへの回帰を表明。テック業界も同様で、ネットフリックスの会長兼CEOのリード・ヘイスティングス氏は、ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューでテレワークについて否定的な見解を述べている。

いずれの企業でも問題視されているのは、テレワークでは従業員同士がコミュニケーションを取る機会が減り、アイデアやイノベーションが生まれにくい環境に陥っていることだ。従来のオフィスでは雑談や気軽な打ち合わせがそのような場として機能することが多く、だれもが発言しやすいリラックスした環境を提供できるのは、オフィスならではの特徴だろう。

オフィス空間における3つの課題

今後、ビジネスパーソンの働き方として一定の割合でテレワークが定着するとしても、一方ではオフィスへの回帰も避けられそうにない。ではニューノーマル時代の「働く場」として、人が増えたオフィスで従業員たちが安心して働くためには、どんな課題を解決していかなければならないのだろうか。

第1に考えられるのは、フロア内で局所的な「密」が発生したときの対処法。厚生労働省が推奨する換気量は一人あたり30m3/hとなっているが、これは空間内で人が均一に分散している場合を想定しているため、密が発生してしまうと推奨される換気量だけでは対応できない。

第2の課題は、打ち合わせスペースなどでコミュニケーションを図る際に、相手との間に2mの距離を取る必要があること。結果、声が聞き取りにくかったり、資料を共有しづらかったりと、円滑なコミュニケーションに支障をきたしてしまう。

第3は会社側の課題となるが、2mの距離を確保した場合、従業員1人あたり4m2のスペースが必要になる。これではオフィスの空間効率を低減させてしまう。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ダボス会議、独経済相やIMF専務理事などこれまでの

ワールド

日米豪印首脳会合始まる、「インド太平洋で侵略起こし

ワールド

日米、台湾への基本的な立場に変更ないことを確認=官

ワールド

米大統領、インド首相との会談で共通点強調へ=米高官

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で訴えられる 

  • 2

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデンカムイ」の功罪

  • 3

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    マウンティングはどこまで我慢すべき? 名医が教える…

  • 7

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月