最新記事

中国経済

中国の株式崩壊を的中した著名エコノミスト、微博投稿禁止に 出生率向上提案が物議

2022年1月13日(木)18時50分
ウェイボのアプリ

中国の著名エコノミスト、任沢平氏が短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」への投稿を禁止されていることが分かった。写真はウェイボのアプリ。2021年12月撮影(2022年 ロイター/Florence Lo)

中国の著名エコノミスト、任沢平氏が短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」への投稿を禁止されていることが分かった。同氏は出生率向上に向け3140億ドル規模の「出産奨励基金」を設立するよう中国人民銀行(中央銀行)に提案し、物議を醸していた。

巨額債務を抱えた中国の不動産開発大手、中国恒大集団のチーフエコノミストを務めていた任氏の微博アカウントは360万人のフォロワーを持つが、「関連法規違反のため、ユーザーは現在投稿を禁じられています」との通知文が示されている。具体的にどのような法規に反したのかは不明だ。

政府系紙「証券時報」によると、12日に発動されたこの投稿禁止措置は2週間続くという。

任氏は今週、2つの文章を公表し、落ち込んでいる中国の出生率を上げるための「最も現実的で最も効果的な」方法は人民銀が2兆元(3140億ドル)のお金を刷って出産奨励基金を設立し、全ての子どもに毎月現金を給付することだと提案した。

世界で最も人口の多い中国の出生率は、何世代にもわたって当局の関心事となっている。

任氏は、人民銀が自身の提案に従えば、中国は今後10年間で出生数を5000万人増やすことができ、総人口の減少を防ぐことができると指摘していた。

同氏にコメントを求めたが、今のところ回答を得られていない。

文章は当初、同氏の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」アカウントで公開され、ウェイボに再投稿されてから幅広い議論を呼んでいた。13日時点ではどちらのプラットフォームでも閲覧できない状態となっている。

任氏は国務院(内閣)の研究部門でエコノミストのキャリアをスタート。2015年に中国株式市場のピークと崩壊を正確に予測したことで有名になった。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2021トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が経済戦略の転換点に
・中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告
・武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた



今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月