最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

中国人コスプレイヤー、同人誌作家、買い物客はこんな人たち(コミケ97ルポ)

2020年2月1日(土)19時45分
高口康太(ジャーナリスト)

人気のゲーム会社Yostarのブースでは、日中混合の女性レイヤーたちがポーズを決めていた。新作ゲーム『アークナイツ』の宣伝だ。その効果は抜群で多くの人が集まっていた。

magSR200201comiket-8.jpg

人気のゲーム会社Yostarのブースでは、新作ゲーム『アークナイツ』の宣伝を日中混合の女性レイヤーたちが盛り上げていた HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

集まったファンたちは皆、ハイエンドのデジタル一眼レフを握っている。「プロ以上の機材かも」と、同行したプロカメラマンの木村肇が舌を巻く。

カメラを取り囲むように、フライパンぐらいの小さなディフューザー(照明機材の一種)が取り付けられている。丸いディフューザーを構える姿はまるでファンタジーRPGの戦士のように見えた。

その戦士たちに取り囲まれていた中国人レイヤーが、なつめと黒沢の2人。共に江蘇省からやって来た。

なつめはプロのレイヤーで、コミケの参加ももう3回目。中国各地のイベントに呼ばれたり、ゲーム関連の動画や写真に出演したりと忙しい日々だという。

黒沢は副業レイヤーで、本業はアニメ会社で働くグラフィックデザイナーだ。アニメも好きだが、日本カルチャーにはまったのはアイドルグループ「嵐」がきっかけだという。語学学校に通って日本語も覚えるほど入れ込んでいる。

magSR200201comiket-9.jpg

HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

初めて参加したコミケの感想を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「中国だとコスプレしてます、アニメ好きですって人に言うのが恥ずかしくて隠してたけど、日本はさすが母国だなって。こんなに多くの人がアニメ好きを堂々と表明しているなんて。日本すごい!」

コミケ会場だけ見ると確かにそういう印象になるかもしれないが、さてどうなのだろうか。例えば、ユニクロの漫画・アニメTシャツをとっても、街中でこれを着て歩いている人は中国のほうが多いような気がするのだが。

『中国ラノベ史』『中華オタク用語辞典』――同人誌制作者たち

参加者、コスプレイヤーときて、最後に紹介するのが同人誌制作者の中国人たち。ケン・リーは上海出身、日本の大学で学ぶ留学生だ。

magSR200201comiket-10.jpg

隣り合った出展ブースで自ら作成した同人誌などを売るケン・リー(左)と八子 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

「中国のオタクに関する情報は日本でも結構紹介されるようになってきたが、ほとんどはアニメ関連だ。特撮とかライトノベルとか、アニメに比べれば数は少なくても、そういうジャンルを好きな中国人オタクもいるぞと伝えないといけない。そう思って同人誌を作るようになった」

magSR200201comiket-11.jpg

今回で6回目の参加というケン・リー HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

彼の出展ブースには、彼が作った『中国ラノベ史 中国のライトノベル市場から見る中国オタク事情』『中国特撮事典』などの同人誌が並ぶ。今回で6回目の参加となるが、そのたびにコンスタントに新刊を出してきた。頭が下がる勤勉っぷりだ。

「同人誌だけじゃなくて、卒論も中国アニメの歴史で書くことになった。経済学部なんですけどね(笑)」

magSR200201comiket-12.jpg

「ラノベ」「アニメ」といった文字が躍るケン・リーの同人誌 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

ワールド

ベルギーでもサル痘感染を初確認、同じパーティーに出

ビジネス

日産と三菱自が軽EV今夏発売、補助金で100万円台

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月