最新記事

追悼

大学入試「現代文」の人──山崎正和から託されたもの

2020年12月21日(月)16時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ニューヨークで英語版「世阿弥」上演の頃(1964年)、『別冊アステイオン それぞれの山崎正和』322ページより ©サントリー文化財団

<2020年8月19日、86歳でこの世を去った山崎正和。「戦後最後の知識人」などと訃報が報じられたが、「劇作家」が唱えた「社交」、そして「公徳心」という私たちへのメッセージとは何だったのか>

あなたが山崎正和の名を初めて見聞きしたのはどこであっただろうか。政府・行政機関の有識者として新聞などメディアを通じて知っている人もいるだろうが、多くの人にとっては「水の東西」『社交する人間』『柔らかい個人主義の誕生』など、大学入試や模試の「現代文」での出合いだったのではないだろうか。

その「現代文の人」は今年8月19日、86歳でこの世を去った。「戦後最後の知識人」「知の巨人」など各メディアで訃報が報じられたが、山崎正和ほどいったい何者であったかを一言でいい表すことが難しい人はいない。

その山崎自身が1986年に創刊した論壇誌「アステイオン」が、『別冊アステイオン それぞれの山崎正和』(CCCメディアハウス)を刊行した。60名を超える執筆者が山崎の業績や思い出を綴っている。

こだわり続けた「劇作家」という肩書き

「劇作家」「文筆家」、政府・行政機関での「提言者」、社会事業の「貢献者」としての山崎を章立てにしているが、一括りにはできない難しさがあったのだろう。その功績が章をオーバーラップしている箇所が多く見受けられる。しかし、特筆に値するのは、劇作家としての山崎を論じた「第1章 創作者」ではないだろうか。

山崎は自分の肩書きを「劇作家」とし、名刺やプロフィールにそう記していた。しかし、1970年半ば以降は論壇の論客として活躍していたため、多くの人にとって「劇作家」はあまりピンとこないのも事実であった。

おそらく今、この記事を読んでいる読者の中で、山崎が劇作家として華々しくデビューしたことを記憶している人はほとんどいないだろう。それもそのはず、1960年代前半の話だからだ。その山崎がなぜ「劇作家」という肩書きにこだわり、「意地」で名乗り続けたかという理由が山崎自身の言葉で綴られた貴重な証言の史料と写真に収められている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北京五輪「平和の祭典として期待」、米ボイコットにコ

ワールド

ファイザーかアストラ接種後にモデルナで高い免疫反応

ビジネス

パウエルFRB議長の再任、おそらく支持=共和党上院

ワールド

ドイツ、核協議でイランに現実的な提案求める

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月