最新記事

ハングル

「韓国っぽ」なお菓子からおばあちゃんの手書き文字まで 無料ハングルフォント続々と

2021年3月1日(月)19時45分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国の食品メーカー「ビングレ」社は商品のロゴデザインをオリジナルフォントとして無料配布している。画像はビングレフォント・ウェブサイトから。

<フォントにはデザインの美しさだけでなく、歴史的な思いも込められていた>

ここ数年、韓国ではハングルのフォントの無料配布がブームである。とくに10月9日の「ハングルの日」前後には様々な企業が自社でデザインしたフォントを無料配布するニュースを見かけることが多い。

「ハングルの日(한글날)」は、1927年に韓国で制定された。1970年から1989年まで祝日だったが、1990年からは平日になっていた。しかし、2012年に休日再指定案が発議され、2013年には休日として復活している。趣旨としては、ハングルを作り出した朝鮮王朝第4代国王の世宗大王を称える日であるともに、ハングルを世界に広めようという日でもある。

そういった「ハングルを普及させる」という意味でも、ここ数年ハングルの日に合わせ、様ざまな企業や団体がマーケティングの一環としてユニークなオリジナルフォントを一般に向けて無料配布しているのである。

"韓国っぽ"な鯛焼きアイス「プンオッサマンコ」のフォント

ユニークなフォント配布の一例を紹介しよう。韓国旅行に行ったことある人や、韓国映画・ドラマを見たことある人にはおなじみのバナナ牛乳。これを発売している韓国の食品メーカー「ビングレ」社は、ここ5年連続で自社製品のためにデザインされたオリジナルフォントを専用サイトで公開している

去年のハングルの日には、1991年から販売している鯛焼きのような人気アイスクリーム商品「プンオッサマンコ」のロゴフォントが配布された。太字で丸々としてかわいい文字はユニークで、5カ月経った今でも人気で、多くの人にダウンロードされているという。ちなみにビングレ社のフォントにはハングルのほか、半角英数字、そしてなんとひらがなとカタカナも含まれているので、気になる人は実際に使ってみると面白いだろう。

民族の誇りが込められたフォントも

文字に熱い思いが込められたフォントを無料配布しているのは、忠淸南道の天安市にある「独立記念館」だ。1月27日、独立記念館は館内で使用されているオリジナルフォントを一般ダウンロードできるように公開すると発表した。

記念館内で使われているフォントがオリジナル製作された物だということもびっくりだが、実はこの字体、韓国内の民族運動を世界に知らせようと発行された「独立新聞」上海版と、在米韓国人向けの新聞「新韓民報」の字をモチーフに作られているという。

当時の印刷用ハングル・フォントを元に、現代でも読みやすくデザインされた書体であり、館内の展示説明やパンフレットに使用されている。独立運動の精神を伝えようという気持ちが1文字1文字に込められている力強いデザインだ。今でも独立記念館の公式ホームページやネイバーフォントでダウンロードできるようになっている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

仏、都市封鎖や外出禁止令必要ない オミクロン株対応

ワールド

原油先物5%高、オミクロン感染軽症なら影響限定的と

ワールド

英イングランドでオミクロン株の市中感染確認=保健相

ビジネス

NY外為市場=ドル、対安全通貨で上昇 オミクロン巡

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月