最新記事

音楽

「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・デュランが語る40周年

Forty Years Later

2021年10月22日(金)19時37分
デービッド・チウ
デュラン・デュラン

現在のデュラン・デュラン(左からロジャー・テイラー、ジョン・テイラー、サイモン・ルボン、ニック・ローズ) STEPHANIE PISTEL

<アルバムデビューから今年で40年を迎えた、元祖ビジュアル系バンド「デュラン・デュラン」が最新作で到達した新たな境地>

バンド結成から40年以上たつのに、このイギリス男たちの熱い絆は変わらない。ギターのアンディ・テイラーこそ抜けたものの、ボーカルのサイモン・ルボン、キーボードのニック・ローズ、ベースのジョン・テイラーとドラムのロジャー・テイラーの4人は不動のメンバー。浮き沈みの激しい業界の荒波を、力を合わせて乗り越えてきた。

「どんな嵐にも負けなかったのは、一緒に仕事をするのが楽しかったからだ。個人でやるよりも、グループでやるほうがずっと力強い作品を生み出せる」と、ローズは言う。

そのデュラン・デュランが通算15枚目のスタジオアルバム『フューチャー・パスト』を出した(日本では10月27日発売)。デヴィッド・ボウイやロキシー・ミュージックなどから受けてきた「過去」の影響を常に意識しつつ、一方で常に「未来」に目を向けて新しい音楽を生み出し続けるデュラン・デュランにぴったりのタイトルだ。

本作には、しゃれたエレクトロポップから洗練されたアートロック、さらには強烈なファンクロックまで、彼らの「らしさ」がふんだんに盛り込まれている。プロデューサーにはマーク・ロンソンを迎え、日本のガールズバンドCHAIやピアノのマイク・ガーソンなど、ゲストアーティストも豪華な顔触れだ。

「どんなアルバムも僕たちらしくなければいけないし、時代に合っていなければいけない」と、ローズは言う。「両方のバランスを取るのは難しいが、それをやり遂げてこそ僕らの音楽になる。今度もその水準をクリアできたと、みんな確信している」

多彩なコラボにも挑戦

最新シングルのタイトルは「アニバーサリー」で、1980年代前半のデュラン・デュラン全盛期を「記念」するような作品。ベースのジョンに言わせれば「自分たちらしいサウンドを意識的に組み込んだという点では例外的な曲で、いわば自分たちへのトリビュート」だ。

今回のアルバムでは、新たに3人とのコラボにも挑戦した。1人目はイギリス在住のプロデューサー兼DJで、デス・フロム・アバヴ1979などのリミックスを担当したことで知られるエロル・アルカンだ。ドラムのロジャーによれば、「彼は現場に強烈なエネルギーをもたらし、私たちから素晴らしいものを引き出してくれた」。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、小型セダンのEVを中国に来年投入 BYDの

ビジネス

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、雇用統計控え上値は限定的

ワールド

原油先物1%超上昇、OPECプラスの増産維持で荒い

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月