最新記事

インタビュー

「利他学」を立ち上げ、いまの社会や科学技術のあり方を考え直す──伊藤亜紗

2021年12月27日(月)11時00分
今泉愛子 ※Pen Onlineより転載
伊藤亜紗

伊藤亜紗●1979年、東京都生まれ。東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター長。同リベラルアーツ研究教育院教授。生物学者を目指していたが、大学3年次に文転。2010年、東京大学大学院人文社会系研究科美学芸術学専門分野博士課程単位取得退学。専門は美学、現代アート。 写真:興村憲彦

<「人をケアすることも大切」という感覚が広がれば、経済活動全体の意味も変わる──Penクリエイター・アワード2021を受賞した美学者・伊藤亜紗が「利他」に注目する理由>

いま、クリエイターや起業家から熱い注目を集めている研究者がいる。2020年、東京工業大学が開設した「未来の人類研究センター」の初代センター長に就任した伊藤亜紗だ。「利他学」というこれまでになかった学問を立ち上げ、21年3月にオンラインで開催した利他学会議には、音楽家の小林武史や建築家、生物学者らが議論を繰り広げ、3000人近い参加者が耳を傾けた。

利他とは「自分よりも他者の利益を優先する」という考えだ。伊藤はなぜ、利他に注目するのか。

「東京工業大学でも研究の中心となっている科学技術は、本来人間が幸福に生きるためのものであったはずですが、技術が高度になり細分化していくにつれ、目的が見えにくくなっています。利他という視点は、社会や科学技術のあり方を新しく考え直すヒントになると思いました」

pen211224_ito2.jpg

伊藤が研究の手がかりにしたのは、自身がこれまで感じてきた、利他への違和感だ。

「研究で障がいのある人たちと関わるなかで、彼らに手を貸すことが、必ずしも彼らのためになっていないことがあると感じていたんです。サポートしてもらうという役割に固定されてしまうことが窮屈だという全盲の女性もいました」

役に立ちたいという善意はときに、相手への押し付けになる。

「利他とは、誰かになにかをすることで終わりではなく、相手に受け取ってもらえてこそなんです。アンケートを実施したところ、善意を受け取ることが苦手と感じる人が多いとわかりました。自己肯定感が低く、自分にはそんなことをしてもらう価値がないと考えてしまう。あるいはなにかをしてもらったら相手に借りができたと捉えてプレッシャーを感じる。それでは受け取ったことになりません。どうしたらうまく受け取れるのかと考えるようになりました」

そんな違和感を手がかりに、伊藤は独自の視点を切り拓く。専門とする美学は、曖昧なもの、言葉にしにくいものを言葉で解明していく学問だと伊藤は考える。ロングセラーの『目の見えない人は世界をどう見ているのか』をはじめ、言語化しづらい身体感覚にまつわる本を執筆してきた。

「身体について書く時は、読者が自分の身体で理解できるような書き方を心がけています。読んでいるうちに自分の身体が変わっていくような本を書きたいんです」

焚き火を囲んだ雑談から、研究者の好奇心を育てる

利他学を立ち上げた折に研究者を集めて最初に行ったのは、焚き火だ。火を囲んでメンバーは自由に語り合った。

「会議でなくあえて雑談を行いました。クリエイティビティを育てるためには、余白を残しておくことが大切なんです。わからないことを誰かに訊くと思いがけない答えが返ってくることがあります。そして答えた本人にも発見がある。そうやって互いの好奇心が育っていくんです」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月