最新記事

映画

2021年最大のヒット映画は、中国がアメリカに勝った「愛国」戦争映画

Biggest Box Office Movie of 2021 Is Chinese Film About U.S. Military Defeat

2021年12月24日(金)18時03分
ジョン・フェン
映画『長津湖』

Aly Song -REUTERS

<2021年の映画で最大のヒット作となるのは、中国軍が米軍に「勝利」した戦いを描く中国のプロパガンダ的な愛国作品か、それとも......>

2021年、興行収入において世界で最も成功した映画は、中国の「愛国映画」という結果になるかもしれない。その映画とは、朝鮮戦争の初期にアメリカ率いる国連軍が中国人民志願軍(PVA)に敗北した「長津湖の戦い」を題材にした『長津湖』だ。中国共産党中央宣伝部が2億ドルを投じて製作した本作は、10月1日の国慶節に合わせて公開されて以来、9億200万ドルのチケット売上を記録している。

IMDb(インターネット・ムービー・データベース)の一部門で、映画の興行成績を追跡しているサイト「ボックス・オフィス・モジョ」によれば、3時間に及ぶこのアクション大作は、7月に100周年を迎えた中国共産党の祝賀行事の一環として制作された。売上の99%以上は、中国内の映画ファンに占められている。アメリカで公開されたのは11月19日だ。

アメリカの映画評サイト「ロッテン・トマト」でのスコアは33%となっている本作だが、中国での興行成績は2017年の『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』を抜き、すでに史上最高を記録している。どちらの作品も、主演は中国の人気アクションヒーローであるウー・ジンが務める。なお『長津湖』は、中国史上で最高の制作費が使われた作品でもある。

この戦争映画は、1950年の冬に中国人民志願軍と国連軍が交戦した「長津湖の戦い」を、中国語で赤裸々に描いた大作だ。朝鮮戦争は1950年6月、ソビエト連邦の支援を受ける朝鮮人民軍が北緯38度線を越え、韓国に侵入した後、国連軍がそれを押し戻す形で勃発した。

双方に多大な損害と犠牲者が

朝鮮戦争は、毛沢東の逸話のなかでは、「アメリカの侵略に抵抗し、朝鮮を助けるための戦争」とされている。その一部である「長津湖の戦い」は、武力で勝るアメリカを、中国人民志願軍が朝鮮との国境から押し戻した戦いとして称賛されている。

この血みどろの戦いは双方に多大な損害をもたらし、国連軍は戦術的撤退を余儀なくされた。中国人民志願軍の犠牲者は5万人弱と推定され、アメリカ側は1万8000人近くが犠牲になったとされている。

『長津湖』に次いで、2021年第2位の興行収入を稼ぎ出しているのも中国映画だ。『こんにちは、私のお母さん』というこのコメディ映画は、2021年2月に公開されてからこれまでに8億2200万ドルを売り上げており、第3位につける『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を約5000万ドル上回っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

気候変動の金融リスクに誇張、HSBC幹部発言が物議

ワールド

政府、男女賃金格差の開示義務化 今夏の施行目指す

ビジネス

台湾輸出受注、4月は2年ぶりに減少 中国の都市封鎖

ビジネス

ECB、7月に利上げ開始可能 徐々にプラス圏に=伊

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月