最新記事

イカゲーム

K-POPスターの夢破れるも、俳優で大ブレイクしたウィ・ハジュンが語る自身の未来

LIFE AFTER ‘SQUID GAME’

2021年12月24日(金)18時47分
スー・キム
ウィ・ハジュン

ウィ・ハジュンはもともとKポップアイドルを目指していたという YONHAP NEWS/AFLO

<ドラマ『イカゲーム』で若き刑事役を演じて大ブレイクした俳優「ウィ・ハジュン」を輝かしいキャリアが待つ>

世界中で大ヒットを記録している韓国ドラマ『イカゲーム』では、奇想天外なストーリーはもちろん、個性豊かな登場人物を演じる俳優陣も大いに話題になっている。そんななか、アクの強いキャラクターに囲まれながら、真実を追求する刑事ファン・ジュノを演じたウィ・ハジュンの人気が大ブレイクしている(以下、ネタバレあり)。

なにしろ9月にドラマの配信が始まって以来、ウィのインスタグラムはフォロワー数が900万人も増加(今も増え続けている)。その中には、アメリカの人気テレビ司会者ジミー・ファロンや、フランスの高級服飾ブランド「バルマン」のクリエーティブディレクターを務めるオリビエ・ルスタンなど、正真正銘のセレブも含まれている。

この人気はハリウッド進出も視野に入れるウィにとって、一段と輝かしい未来の始まりなのかもしれない。それに『イカゲーム』も、まだ終わっていない可能性がある。本誌スー・キムがウィに話を聞いた。

* * *

――ハリウッド進出の噂があるが。

チャンスがあれば、間違いなくハリウッドでも仕事をしたい。

――一緒に仕事をしたい監督は具体的にいる?

素晴らしい監督が大勢いるから、とても1人に絞ることはできない。ただ、私はアクション映画が好きなので、『007』シリーズや、『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『ワイルド・スピード』シリーズなどを撮っている監督と一緒に仕事をしてみたい。そのためにも、できるだけ多くのアクション映画に出演して、実力をアピールできたらと思っている。

その一方で、地方の島出身というルーツを生かして、方言やなまりのある言葉を使う役も演じてみたい(ウィは全羅南道の莞島出身)。

――俳優として下積みの期間が長かったようだが。

駆け出しの頃は、バスの運賃も払えないほどだった。あまりにも多くのオーディションに落ちて、鬱気味になったこともあった。

――もともとKポップのアイドルを目指していたとか。

中学生のときからダンスが大好きだった。高校では友達とダンス部をつくって、学校のイベントに出演したりした。舞台に上がったときのワクワクした感覚や、観客から喝采を浴びたときの快感は最高だった。そこで両親を説得して、Kポップの世界を目指すために一家でソウルに引っ越した。

ところが、「大学受験にプラスになるかも」くらいの軽い気持ちで通い始めた俳優養成講座で演技の面白さを知り、もっと演技がうまくなりたいと思うようになった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月