最新記事

対談

「藝大からマンガ家」の『ブルーピリオド』作者と「絵で食べていく」完売画家が語った美術業界の今

2021年12月28日(火)11時30分
朴順梨(ライター)
『ブルーピリオド』『完売画家』

中島健太氏の著書『完売画家』(左)と山口つばさ氏の人気マンガ『ブルーピリオド』1巻 Newsweek Japan

<2020年の「マンガ大賞」を受賞した『ブルーピリオド』作者の山口つばさ氏と、話題の書籍『完売画家』著者の洋画家・中島健太氏が、絵で生きていくこと、美大という村社会、訪れつつある変化について語り合った>

絵を描くのが好き、粘土で何かを作るのが好き。そんな子供たちの多くが「大人になってもこれを続けたい」と思った瞬間、「芸術で生活できるのは、才能があるごく一部の人だけだから」という大人の言葉で打ち砕かれていく。

確かに、日本ではずっと「絵描きは食えない」と言われていた。しかし、そうでない人もいる。洋画家の中島健太は、武蔵野美術大学に在学中にプロデビュー。15年以上のキャリアの中で描いた約700枚もの絵画を全て売り尽くした、まさに「完売画家」だ。

そんな中島が自著『完売画家』(CCCメディアハウス)の発売を機に、マンガ家の山口つばさと「絵で生きていくこと」について大いに語り合った。

山口は、日本の美術・芸術大学の最高峰、東京藝術大学(藝大)を目指す矢口八虎と仲間たちをテーマにしたマンガ『ブルーピリオド』(講談社、リンク先は1巻)の作者で、自身も藝大出身。『ブルーピリオド』は2020年の「マンガ大賞」を受賞し、450万部以上のヒット作となっている(現在、11巻まで発売されている)。

美大受験と「道筋を具体的にイメージできる環境」の重要性

中島 『ブルーピリオド』でも片鱗が描かれていますが、実は美術大学は村社会的なところがありますよね。世間ではアーティストは同調圧力とは無縁のように思われているけど、美大のような狭いコミュニティーでは当たり前に存在する。

そこで、ぜひ山口さんに伺いたいのが、同調圧力との付き合い方。(藝大油絵学科の出身でありながら)マンガを描いていること自体が同調圧力に屈していない証拠だと思いますが、山口さんは狭いコミュニティーの中にいながら、どうやってそれを受け流していたんですか?

山口 狭いコミュニティーって、良くも悪くも特定のレギュレーションが強くなりがちなところはあります。でもそれは美大に限らずどこでもあると思っています。私がそれを受け流せたのは、そうですね......。

大学の講評の時などは「マンガだから別畑」と思われていたのか、先生たちはほとんど私のマンガに目も通さず素通り。逆に目の敵にされ批判されるようなことがなかったのがラッキーだったかもしれません(笑)。

中島 なるほど、僕も似たような体験があります。早い段階で空気を読むのを敢えてやめてしまう、というのは大事なのかもしれませんね。

山口さん、東京藝大に現役で合格しているじゃないですか。僕の時は倍率が35倍だったけど、山口さんの時は?

山口 同じくらいです。

中島 僕は結局、藝大は受からず一浪して私立美大に入ったんですが、藝大って飛び抜けて非現実的な倍率じゃないですか。僕はそれをパスするイメージを最後まで持てなかったんです。

藝大を現役で合格するというのは、その中でもさらに至難(年に数人という超難関)ですが、一見不可能に思えることを実現していくマインドって、どういうものなのだろうと興味があります。

山口 私は高校が美術系だったこともあって、藝大に合格している先輩がいたので、イメージの解像度が高くなっていたということがあると思います。

中島 それって、めちゃくちゃいいヒントですよね。親が東大だと子供も東大に入ったりするのと同じで、「道筋を具体的にイメージできる環境」があるのは大きい。

僕は高校時代ずっとアメフトをやっていて、絵画に全く縁がなかった八虎的なスタートだった(編集部注:『ブルーピリオド』の主人公、矢口矢虎も2年生の途中で美術部に入るまで縁がなかった)ので、35倍の難関をくぐり抜けることがイメージできなかった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月