最新記事

アイドル

BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバーとその額は?

Who Is The Richest BTS Member In 2021? He's Richer Than Jungkook, RM

2022年1月28日(金)17時17分
キース・カラヤグ
BTSメンバー

Aude Guerrucci-REUTERS

<世界的なヒット曲を連発するBTSは資産の面でも「ビッグ」になったが、その中でも最も多くの純資産を保有しているメンバーは?>

ジン、シュガ、J-HOPE、RM、ジミン、V、ジョングクというBTSのメンバー7人は、2013年のデビューから世界を席巻し続けてきた。そして、その成功は絶大な人気だけでなく、莫大な財産を彼らにもたらしてきた。

では彼らの中で、個人として最も稼いでいるのは誰なのか。それは、ファンたちからBTS最高のダンサーと評されているJ-HOPEだ。21年の時点で、この27歳のラッパーの純資産は推定で約2600万ドルに達すると、香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは報じている。

彼と他のメンバーの「差」を生み出したのは、18年3月に彼がソロ活動としてリリースしたミックステープ「Hope World」の成功だ。

このプロジェクトの中心となるシングル「Daydream」は、ビルボードのワールド・デジタル・ソング・セールス・チャートで彼にとって初となる1位に輝いた。またシングル「Chicken Noodle Soup」では、BTSメンバーとして初めてビルボードの「Hot100」チャートにランクインした。

20年の時点では、彼の純資産は約1200万ドルと試算されていた。この莫大な資産でJ-HOPEは、ソウルに220万ドル相当の高級マンションを所有している。

2位のシュガは楽曲提供に積極的

J-HOPEに続くのは、純資産が推定で2500万ドルに上るシュガだ。J-HOPEと同じくソロのミックステープ「Agust D」「D-2」が成功をおさめ、彼の資産を押し上げる格好となった。

現在28歳のシュガは、13歳の時から70を超える曲を書いてきたとされ、BTSだけでなく国内外のアーティストに楽曲提供やプロデュースを行ってきた。

3位は、BTSのリーダーであるRM。27歳の彼の推定純資産は約2200万ドルだ。ラッパーであり、ソングライターであり、プロデューサーでもある彼は、韓国音楽著作権協会にクレジットされている170曲以上に携わってきた。ソロのミックステープについても「RM」「Mono.」の2つがあり、ラッパーのWarren Gとコラボしたシングル「P.D.D(Please Don't Die)」も話題となった。

残る4人のメンバーについては、大きな差はないと見られている。それでも、それぞれの純資産の推定は約2000万ドルという、とてつもない額ではあるのだが。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

G7財務相、ウクライナ支援で合意とイエレン氏 明確

ビジネス

マスク氏のツイッター買収、予想通りに進展=ブルーム

ビジネス

米国株式市場=続落、インフレ懸念払拭されず

ビジネス

NY外為市場=ドル1%安、日本円とスイスフランに資

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月