最新記事

ライフスタイル

モビリティのこれから 楠田悦子

移動手段の生涯計画が必要な時代に「モビリティ教育」を

<公共交通の乏しい地域で、クルマを手放したら暮らしはどうなる? 来たる免許返納に備え、自身の暮らしと移動手段について考える機会が必要だ> 公

2022.01.14
フィットネス

今がお買い得!「宅トレ」が楽しくなる優秀マシン&グッズ/ベスト15

2022.01.13
ネット

幼児をロックオン? 歯科医がTikTokで実演した「子育てハック」が話題に

2022.01.13
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

なんか見た... 祖父の携帯に女性から「ダーリン」「会いたい」「愛してる」のメッセージ

<祖父と祖母は50年以上も幸せな結婚生活を送っています。ママ(祖父母の娘)に言ったら、きっと卒倒します。見なければよかったけれど、もう後戻り

2022.01.12
メンタルヘルス

「自己肯定感低い人」がパートナーに求めがちなこと 超努力家のナルシストには気をつけろ

2022.01.07
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「監督不行き届きにもほどがある」16歳の娘が参加した、お酒ありのお泊まり会

<娘いわくパーティーは「やばい感じ」になり、早く帰りたかったそう。参加した子の1人は、お酒を飲んだ帰りに車を運転。どこかの家の郵便ポストを壊

2022.01.06
0歳からの教育

子育てが「完璧」であってはいけないこれだけの理由

2022.01.06
モビリティのこれから 楠田悦子

「コロナ前のように戻ることはない」鉄道各社の変革と2022年のMaaS展望

<コロナ禍で利用者を大きく減らしたJRや大手民鉄など鉄道各社は、人々の働き方や生活様式が従来の形に戻らないことを前提にしたビジネスモデルを打

2021.12.28
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

急に遊びに来る夫の身内が悩みの種「無神経一家にうんざり」

<無礼で性差別的で人種差別的に振る舞う人もいて、年頃の娘は彼らが来ると必ず家を空けるくらいです。どうしたらいい?> Q:結婚して28年、夫は

2021.12.27
0歳からの教育

幼児期は「第二言語」を学ぶのに最適な時期であることが分かった

2021.12.24
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「かなりの可処分所得があります」友人や子供の友達にプチ旅行をおごりたいのですが

<同じレベルのお返しなど全く期待していません。相手に気まずい思いをさせずに、誘いを受けてもらうにはどうすればいいでしょう> Q:私たち夫婦は

2021.12.23
0歳からの教育

遺伝か、生活習慣か、訓練か、子どもの運動能力を決めるのは?

2021.12.22
ペット

クリスマスツリーをネコから守れ! 掃除機を駆使した究極の対策

2021.12.20
0歳からの教育

子どもの事故にはパターンがある、防ぐためにできることは?

2021.12.20
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「モヤモヤします」私たち夫婦以上に遺産をもらったわが子に嫉妬

<私たち夫婦は1万2000ドル、子供2人には「大学基金」として3万ドルずつ──義母はどういうつもりだったのでしょう? 信用されていなかったの

2021.12.16
0歳からの教育

男女の違いは「生まれ」か「育ち」か、専門家がたどり着いた結論は?

2021.12.16
モビリティのこれから 楠田悦子

「代わりの移動手段がないから」だけではない、運転免許を手放せない本当の理由

<免許証を返納することで病気になってしまうような状態は「クルマ生活習慣病」と言っても過言ではない。そのリスクとは?> 11月に大阪府大阪狭山

2021.12.15
環境

東京から生まれる、森林資源の好循環

2021.12.15
0歳からの教育

スマホやタブレット、2歳以上なら子供にプラスになる場合も

2021.12.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

彼の収入が私より低い件「愛してるけど不安です」

<彼は教師で素晴らしい男性です。でも私のように世界中を旅したり、高級レストランで食事を楽しめるほどの収入はありません──経済状況の違いは恋愛

2021.12.13

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中