最新記事

観光

北海道ガーデン街道の中でも「特別」な、あのガーデンに行くべき理由

2018年3月22日(木)13時23分
Pen Magazine International

Photos: Pen Magazine International

<大自然を生かした庭園をハシゴする観光客が後を絶たない「北海道ガーデン街道」。その中で異彩を放つ帯広の「紫竹ガーデン」は、あるひとりのマダムが作った>

北海道の大雪〜富良野〜帯広をつなぐ、全長約250kmにわたる「北海道ガーデン街道」をご存じだろうか。上野ガーデンや風のガーデンなど、名庭で知られる8つの庭園を結ぶラインのことだ。

penintl180322-2.jpg

ハイシーズンともなれば、北海道ならではの大自然を生かした庭園をハシゴする観光客が、連日後を絶たない。その中でも、帯広にある「紫竹ガーデン」は特別だろう。

整然と植え込まれた多くの庭園とは異なり、1500坪の敷地は、まるで野山を歩いているような感覚になる。季節ごとに咲き乱れる野趣あふれる花々は、しっかり手入れされながらも、なんだか自由だ。

penintl180322-3.jpg

紫竹ガーデンには、花を愛でるだけでなく、名物オーナーを"愛でる"楽しみがある。オーナーの紫竹昭葉(しちく・あきよ)さんは、御年90歳。開園中に庭をのんびりと歩いたり、ちょこんと椅子に腰掛けたり。そんな昭葉さんのまわりには、すこしでも「お話をしたい!」と、観光客たちがずらりと列を成す。

咲き乱れる花に負けない個性と魅力を放つマダム。その魅力は、Penの国際版ウェブサイト「Pen Magazine International」で公開されている。

penintl180322-4.jpg

紫竹ガーデンが生まれたきっかけは、長く連れ添った夫を亡くし何年も悲しみに暮れていた昭葉さんに、娘が呟いた一言だった。「お父様は、お母様のことを、明るい太陽やヒマワリのような人だよねって、いつも言ってたよね」と。その言葉で、昭葉さんは悲しみから覚め、自分らしく生きようと決意した。

penintl180322-5.jpg

そして、自身がイメージする北海道の美しい野原をつくろうと考えたという。そう、お花畑ではなく「野原」。そうして林ができ、森になって、そして自然に花で溢れた。

北国の北海道にも、もうすぐ春が訪れる。紫竹ガーデンを散歩する昭葉さんに会いに行こう。

※ドキュメンタリームービーはこちらで見られます。

※当記事は「Pen Magazine International」からの提供記事です。
Pen Magazine International

【お知らせ】
ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スイス中銀、ツアブリュック副総裁が来年7月末退任へ

ビジネス

独鉱工業受注指数、10月は前月比-6.9% 予想以

ワールド

タイで初のオミクロン株感染、スペインから到着の米国

ワールド

ミャンマーのスーチー氏に禁錮4年の判決=関係筋

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月