最新記事

インタビュー

「坂バカ」俳優・猪野学「自転車にも人生を変える力がある」

2020年5月1日(金)16時05分
朴順梨(ライター)

肉体の変化を老化と悲観せず、楽しめばいい

レース参加やレギュラー出演中の自転車情報番組『チャリダー★』(NHK BS1)を通して、世界屈指のサイクリストから視聴者まで、多くの人との出会いを果たしてきた。自転車で結ばれた縁は、横に横にと広がっている。


この間のスペイン撮影でアレハンドロ・バルベルデってチャンピオンに会ってきたんですけど、すごいスピードで坂を登る人が自分の隣にいる感動は、自転車に乗っていたから味わえたと思います。

自転車があれば相手のアイテムを見て「いいですね~」ってコミュニケーションが取れるから、初対面の人とも仲良くなれる。俳優だけだったら出会わなかったかもしれない人々の人生に触れられるのも、面白いところです。

『自分に挑む!』は産経デジタルが運営するCyclist(サイクリスト)というウェブサイトの連載に、書下ろしを加えている。連載も含めて全てが誰かによる聞き書きではなく、猪野さんが自ら書いている。


文章を書くのは苦しいです。連載は1カ月に1本のペースで書くんですけど、最初は苦しかったです。でも芝居の本や戯曲を読んでいたので、文章では起承転結や構成、つかみや締めが大切なのは分かっていて、続けるうちに割と楽になりました。

連載は4年ぐらい続けていますが、まさか僕がこんなに書くとは(笑)。実は祖父が劇作家だったんですよ。だから父には「遺伝だね。じいちゃんと一緒で表現力があるね」と褒められました。でも、自転車に乗らない人がどう読んでいるのかなってことは気になりますね。

ママチャリしか持っていない筆者だが「猪野さんが疾走している姿が目に浮かんできました。同年代の猪野さんがここまで自分を追い込んでるのを見ると、頑張れって思う。そして私も、まだまだ余白があるのかなって感じました」と言うと、笑顔を浮かべた。


SNSに「この本には自己啓発的な要素もある」と書いてくださった方がいるんですが、それが驚きで。でもいろいろ頑張ってきたことを書いたので、人生を生き抜くヒントに捉えてくださったのかもしれません。

昔教わった演出家の方が「演劇とは魂の救済だ」とおっしゃったんですが、演劇には確かに人生を変えてしまう力がある。でも自転車にも、人生を変える力があると思っています。

センスがないのか、(レースは)全然勝たせてくれないんですよ。あまり向いてないのが自分でも分かっているけど、ねじ伏せたい気持ちがあって。

40代半ばで肉体の変化を自覚したが、老化したと悲観せず楽しめばいいと感じていると明かす。なぜなら「人生には変化がないと苦痛だし、こんな風に考えるようになったんだという気付きが、芝居に直結する」と信じているからだ。


年を重ねることで演じ方やアプローチが変わってきているので、芝居を長くやってきてよかったと思っています。人生100年時代だから、50歳を迎えるのが今はむしろ楽しみ。

新型コロナウイルスのためにレースが軒並み中止になっていますが、体調が上がってきているので毎日自分を追い込んで、コンディション維持に努めています。レースが再開されたら、お世話になった方々のためにも今年は入賞したいですね。でもセンスないからなあ(笑)。

cyclebook20200501-cover.jpg自分に挑む!
 ――人生で大切なことは自転車が教えてくれた』
 猪野 学 著
 CCCメディアハウス

(※画像をクリックするとhontoに飛びます)
(※アマゾンKindle版のページはこちら

20050512issue_cover_150.png
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月