最新記事

投資

「株式投資を辞める決心がついた」 株の学校ドットコムが教えてくれること

2021.01.07PR
市場

地銀再編、セールスフォース、ニトリ......その買収は、強者のM&Aか弱者のM&Aか

2021.02.03
市場

電気自動車(EV)で注目の日本企業は「ソニー」である理由

2021.02.02
市場

ESG、SDGsも関連して盛り上がる「脱炭素」 アナリストに聞いた注目銘柄

2021.02.01
経済ニュース超解説 加谷珪一

「金投資」黄金時代が続きそうな理由

<2年で1200ドルから2000ドルへ上昇したが、今後も堅調に推移する可能性が高い> 2018年後半に1トロイオンス=1200ドル台だった金

2021.01.28
株の基礎知識

なぜ、機関投資家が買った株は上がるのか

2021.01.25
経済ニュース超解説 加谷珪一

原油相場が厳しい理由はコロナだけではない

<コロナによる大打撃から回復しても、長期的には下落トレンド突入へ> 原油は新型コロナの影響を最も強く受けた分野の1つである。全世界でロックダ

2021.01.21
投資

新興国株式は買いか? アナリストが2021年の世界経済を楽観する理由

2021.01.20
株の基礎知識

株式投資にも「保険」という概念が存在する

2021.01.16
経済ニュース超解説 加谷珪一

コロナで変わったドル円相場の新ルールとは?

<通常、アメリカで株高になると円安・ドル高になるが、このところは米国株高でも円高傾向。なぜそうなっているのか。これからの為替相場はどう動くか

2021.01.15
経済ニュース超解説 加谷珪一

バイデン政権で米長期金利が上昇すれば、日本の債券市場も動きだす

<アメリカの長期金利が本格的な上昇に転じるかどうかは、米新政権の2つの政策次第。そして日本の市場も無縁ではいられない> (※1月5日発売の本

2021.01.14
2021年に始める 投資超入門

1300万人がハマる投資アプリ「ロビンフッド」の魅力と落とし穴

2021.01.10
2021年に始める 投資超入門

そしてアメリカ経済の「回復」が始まる

2021.01.09
2021年に始める 投資超入門

ひふみ投信・藤野英人「それでも日本の未来を信じ、日本株を買い続ける理由」

2021.01.08
経済ニュース超解説 加谷珪一

実体経済と株高の行方は? 2021年の世界経済を占う

<今年の経済・社会を読み解くキーワードは「ポストコロナ」「バイデン政権」「脱炭素」の3つだ> 2020年はコロナ危機で大変な1年だった。足元

2021.01.08
株式投資

株を始めるなら知っておきたい、「投資」と「トレード」の違い

2021.01.07
2021年に始める 投資超入門

注目の日米「DX・デジタル化」銘柄は? コロナで逆風の業界はどうなる?

2021.01.07
2021年に始める 投資超入門

【投資】ビオンテック、アンジェス... 注目の日米バイオ銘柄はこれだ

2021.01.06
2021年に始める 投資超入門

米国株投資は初心者にこそオススメ

2021.01.05
  • 1

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本…

  • 6

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 7

    「私の娘はペットじゃない」犬と接するように孫に話…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 10

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 9

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 10

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中