最新記事

ドイツ

外国人季節労働者不足で、ドイツの旬の味覚、白アスパラガスの危機

2019年05月28日(火)15時00分
河内秀子(ドイツ在住ライター)

whiteasparagus3-iStock-131906500-720.jpg

白アスパラガスの収穫作業 typo-graphics-iStock

ポーランドの児童手当と、ドイツの白アスパラガスの関係

北ドイツ放送のメディア、NDRでは「さようなら、白アスパラガス畑よ、収穫作業ヘルパーは来ないまま」と題した記事で、4500ヘクタールというドイツ最大の白アスパラ畑を有する北ドイツ、ニーダーザクセン州の状況をレポート。ポーランドを例に「これまでは季節労働に出なければならなかったが、自国での生活や経済状況が上向いている。ドイツの白アスパラガス農家にとっては問題だが、ポーランドの労働者の立場から見てみればいいニュースだ」としている。特に2016年からポーランドで児童手当が出ることになったことで、家族を置いてドイツの畑を耕す必要があるのかと考える人が増え、季節労働をやめるきっかけになったと分析する。

人手不足を受けてドイツの農家は2年前からやっと最低賃金の時給9.10ユーロを確約できるようになり、宿泊施設などの環境もかなり改善された。冷たい飲み物やフリーWi-Fiを提供する農家も多いという。

しかし、それでも労働力不足は深刻だ。価格競争の問題からこれ以上賃金値上げは難しいとし、ドイツ各地の白アスパラガス農家はEU外、例えばウクライナや白ロシアなどの季節労働者にも、労働市場を開くべきだと要求している。

南ドイツ、フランケン地方では、白アスパラガスの収穫、いちごやホップ摘みといった仕事に、難民を従事させているという報道もある。しかも今年は、使い捨てのビニールシートを大量に使う栽培法自体が環境に良くないのではないかという指摘もおこり、白アスパラガスをもてはやす風潮自体を問題視する流れも出てきているのだ。

甘くとろけるような白アスパラガスだが、その栽培の裏事情には苦いものが混じっているようだ。

 20220125issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年1月25日号(1月18日発売)は「2024年の全米動乱」特集。次期米大統領選のトランプ再敗北で、100万人超の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが――

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米大型歳出法案、地方税控除拡大なければ支持せず=民

ビジネス

独コメルツ銀、子会社引当金が第4四半期決算圧迫へ 

ワールド

ドイツ、G7アジェンダ公表 環境や景気回復に焦点

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    子育てで大切なたった一つのこと

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売