最新記事

顔加工フィルター

加工した自撮り写真のように整形したい......インスタグラムで整形アプリが禁止に

2019年10月30日(水)17時30分
安部かすみ

「現実」との乖離はメンタルに支障をきたす?!

ただし、その手軽さが逆に悪影響を及ぼしているのではと、専門家の間で問題にされていた。フィルターを使うと別の自分になれるので楽しい。しかしフィルターなしで鏡を見たときの自分との違いを受け入れがたくなるというのだ。

『Huffpost』は今年5月、「自撮りに取り憑かれた世界に住んでいる人々は、インスタグラムやスナップチャットで使うフィルターが自分自身に対する認識を変え、悪影響を及ぼしている」と、美容整形外科医のコメントを通して警告していた。

ボストン大学コスメティック&レーザーセンターのニーラン・ヴァシ博士は、これらの整形フィルターがBDD(身体醜形障害=極度に低い自己価値感を持ち、自分の身体や美に極度にこだわる症状)や醜形恐怖症の人々の症状がさらに悪化させる可能性があると警告。『Independent』に対して、「顔フィルターを使った人の中には、実際にフィルター処理された顔になりたいからと、整形手術をする人も出てくるほどだ」と説明している。

行き過ぎたSNSダイエット広告もNO

顔フィルターに加えて、最近はインスタグラムの行き過ぎたダイエット広告も削除されたばかりだった。

ケイティ・プライスローレン・グッドガージョージア・ハリソンというリアリティテレビ番組の看板スター3人が、V24ダイエットグミやBoombodなどのダイエット広告をアップしていたのだが、行き過ぎた誇張表現だとして、英ASA(The Advertising Standards Authority=広告基準局)による判断で削除されている。顔フィルター同様に、ダイエットに悩むユーザーへの影響を考えての判断だろう。

スマホやSNSが日常生活に深く入り込んでいる今、こうしたデジタルツールが心身に及ぼす影響は、明暗ともにますます出てくることになるだろう。Spark ARは、ユーザーにはARエフェクトの「ポジティブな面で今後も活用して欲しい」とコメントしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米大型歳出法案、地方税控除拡大なければ支持せず=民

ビジネス

独コメルツ銀、子会社引当金が第4四半期決算圧迫へ 

ワールド

ドイツ、G7アジェンダ公表 環境や景気回復に焦点

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    子育てで大切なたった一つのこと

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売