最新記事

睡眠

アメリカで、今「睡眠ビジネス」が熱い!

2019年12月11日(水)16時20分
寺町幸枝

写真はイメージ SurkovDimitri-iStock

<6時間の睡眠を7時間に変えるだけで、2264億ドル(約25兆円)の経済効果が見込めるという試算も>

ニューヨークで、お金を払って良質な睡眠を取るスペースが話題を呼んでいる。「Dreamery by Casper(ドリーマリー・バイ・キャスパー)」は、マットレス販売のスタートアップが始めたラウンジ&個室を備えた睡眠専用スペース。一方ここ数年マインドフルネスが注目を集めるアメリカでナンバー1アプリとして知られる「Calm(カーム)」が、ブース型睡眠スポットの販売を始めた。忙しい現代のビジネスマンたちにとり、良質な睡眠の確保を金で買う時代がいよいよ到来だ。

眠ることの喜びを感じる場所

非営利団体RAND(ランド)社の調べによると、米国は年間4110億ドル(約45兆円)を、疲れた労働者のために失っていると言われている。同社の試算によれば、現在6時間の睡眠を7時間に変えただけで、2264億ドル(約25兆円)の追加経済効果が見込めるというのだ。

ヨーロッパには、「シエスタ」文化が根付いているものの、米国やアジアでは、居眠りは注意に値するものと言われてきた。しかしこのところ、睡眠の重要性が声高に叫ばれるようになった。そんな中、米国で最も忙しい街ニューヨークでは、「睡眠」をテーマとしたビジネスまで登場した。

マットレス販売をするスタートアップの「キャスパー」は、昨年夏に25ドル(約2700円)で45分の良質な睡眠を提供する場所「ドリーマリー・バイ・キャスパー」をマンハッタンにオープンさせ話題を呼んだ。

2014年にメーカーとしてマットレス販売を始めたキャスパーは、このラウンジスペースを、マーケティングの拠点とするだけでなく、「自宅以外にも睡眠を取る場所を提供することが目的。眠ることの喜びを感じる体験をたくさん作り出すことにある」と、ビジネス誌のファスト・カンパニーからの取材に対応した同社シニアVPのエレノア・モーガンは話す。

ドリーマリーのセッションチケットを販売する「Classpass.com」には、1000件以上の利用者レビューが掲載されているが、5段階評価の4.9と非常に高く、昼寝はもちろん、単純にゆっくりとした静かな時間を過ごすためにこのドリーマリーを利用する人もいるという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株、コロナの脅威再び 「急落は買い場か」

ワールド

米NY州、知事が非常事態を宣言 新型コロナで

ワールド

南ア新変異株、米国内では感染確認されず=CDC

ビジネス

ロイターネクスト:プラダ次期CEO、一族経営維持を

RANKING

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 4

    「ダイアナ妃を知れば知るほど、守ってあげたいと感…

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    「親ガチャ」は子どもからの警告 原因は育児力格差

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 5

    バイリンガル育成の達人がおすすめする、「多読」で…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売