最新記事

ビューティー

メイクの世界でも人種差別が問題に どこまでOK? どこからNG?

2021年01月01日(金)16時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

肌の色で炎上→謝罪文が性差別と大炎上

フォックス・アイは、特定の人種の特徴を強調したことで炎上した例だが、お隣の韓国では多様性を認めないという意味でのコスメ人種差別炎上が起こっている。

11月、アメリカのコスメブランド「エスティ ローダー」は、韓国公式オンラインショップで、ファンデーションセットを購入した顧客に対して「オプションで選択されたシェルカラーマットファンデは東洋人には合わない色なので」というメッセージを付けて別のカラーの商品を配送した。

オンラインで商品注文した女性は、送られたメッセージと商品を写真に撮り、韓国のコスメコミュニティサイトにアップすると、途端に人種差別だと大炎上した。

その2日後、エスティ ローダー・コリアは、公式SNSを通じて今回の一連の事態についての謝罪文を掲載したが、その謝罪文に「すべての女性の......」という一文があり、今度はその部分が炎上する騒ぎとなっている。

SNSのコメント欄には、「今度は性差別か?」「多様性の時代にわざわざ性を分けるべきではない。」「男性もメイクをする時代にわざわざ性別を書くのは時代錯誤だ」という批判の声が多く寄せられている。

人種差別には人それぞれの意見がある。どこまでが差別になるのか。あこがれて真似することは差別になるのか。また、「マイクロアグレッション」と呼ばれる無自覚での差別も多く存在する。

自分と異なった意見を目にしたとき、すぐに拒否反応を示すのではなく、なぜそういう意見が出たのか知ることから始めるのが大事なのではないだろうか。まずは、何事も「知る」ことからはじまる。そして、自分の意見を確立し、意見を交換することによって差別が少しでも減る足掛かりになるはずである。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米大型歳出法案、地方税控除拡大なければ支持せず=民

ビジネス

独コメルツ銀、子会社引当金が第4四半期決算圧迫へ 

ワールド

ドイツ、G7アジェンダ公表 環境や景気回復に焦点

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 2

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 3

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    子育てで大切なたった一つのこと

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売