最新記事

セレブ

薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

TikTokers React to Kylie Jenner's New 'Paper Thin' Swimwear Line

2021年10月01日(金)21時36分
アレクサンドラ・ションフェルド

Danny Moloshok-REUTERS

<セレブで実業家でもあり、史上最年少でビリオネアに認定されたこともあるカイリー・ジェンナーだが、新たなビジネスにTikTokerたちから怒りの声が上がった>

お騒がせセレブ一家「カーダシアン家」の一員、カイリー・ジェンナーの新しい水着ブランドが炎上している。商品を注文した顧客たちのもとに商品が届くようになると、商品が期待外れだという声がTikTokを中心に盛り上がり始めたのだ。

9月17日に自身のブランド「カイリー・スイム」を始動したジェンナーだが、彼女にとってブランドの立ち上げはお手のものだ。2012年には姉のケンダル・ジェンナーと一緒にアパレルライン「ケンダル&カイリー・フォー・パクサン」を、15年には「カイリー・コスメティクス」を立ち上げた。

カイリー・スイムの直後には、ベビー用品のブランド「カイリー・ベビー」も始動している。ジェンナーは最近、第2子の妊娠を発表したばかりだ。

24歳のジェンナーは子ども時代、家族が総出演する番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で初めて表舞台に立った。番組は2021年に最終シーズンを迎えた。

そのジェンナーの最新ビジネスであるカイリー・スイムが批判を受けている。薄すぎる生地や雑な縫製といった水着の品質の低さに、顧客たちが衝撃を受けたのだ。

「すべて見られてしまう気がする」

TikTokユーザーの@tinytelloは、カイリー・スイムのレビュー動画で、「どうすれば人前でこれを、自信を持って着ることができるのだろう。誰もが私の体を隅々まで見ることができるのに」と困惑している。@tinytelloは2部構成のレビュー動画の冒頭で、自分の意見は、自身の水着デザインの経験に基づくものだと前置きしている。

@tinytelloは2本目の動画で、カイリー・スイムの水着が体のごく一部しか覆わないことについて、「少しでも動くと、すべて見られてしまうような気がする」とコメントしている。また、すべてがあらわになりそうなデザインと生地に加えて、安全ピンで水着にタグが取り付けてあるので、生地に穴が開いてしまうと指摘している。

「これが完全なシースルーであることに誰も気付かなかったという事実に私は驚いている」と@tinytelloは語る。「本当は気付いていたのだろう。なぜなら、問題を隠すために、写真の一部をフォトショップで加工しているのだから」

別のTikTokユーザーの@briannaxrenneshowsは、再生回数が1600万を超える動画で、カイリー・スイムに注文した複数の水着をクローズアップしている。そのうち1つの水着には小さな裂け目があり、汚れがあり、縫い目もほつれているのがわかる。そしてやはり、生地が透けている。ボトムを窓辺にかざすと、「カイリー」と書かれたラベルが、繊維を通してはっきり見える。

kyliejenner.comでは、大人用の水着が80ドル前後で販売されており、60ドルの子供用も3種類ある。ティックトックユーザーの@kindredlはレビュー動画のなかで、サイズ合わせは「完璧」で、パッドがないことは認識していたが、「紙のように薄い」素材は予想外だったと話している。

「私に言わせれば、根本的な問題は、事業主や起業家としての誠実さに欠けていることだ。何かを発売するときは、苦労して稼いだお金を使ってくれる人々に対して上質な商品を提供したいと思うものだ」と、水着デザインの経験を持つという@tinytelloは語る。「人々がこれを認めているという事実は、私にとって非常に気掛かりなことだ」
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息…

  • 4

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売