最新記事

インタビュー

「ダイアナ妃を知れば知るほど、守ってあげたいと感じた」

I Love Diana

2021年11月25日(木)19時11分
H・アラン・スコット

ダイアナを知れば知るほど称賛したくなったとスチュワートは言う DANIELE VENTURELLIーWIREIMAGE/GETTY IMAGES

<来年で没後25周年になるダイアナ元英妃を、クリステン・スチュワートはどんな思いで演じたか>

誰からも愛された実在の人物を演じるのは、どんな俳優にも骨の折れることだ。

しかし、クリステン・スチュワートはパブロ・ラライン監督から伝記映画『スペンサー』(全米公開中)で故ダイアナ元英妃の役を打診されたとき、すぐさま引き受けた。

「監督から話が来たときは、どんなプロジェクトかも知らなかったけれど、すぐに『やります』と答えた」ものの、「ちょっと無謀かな」という不安もあった。しかし、そんな無謀さこそ監督の抱くダイアナ像には不可欠だった。そしてクリステンも、監督の強い決意に何かしら感じるものがあった。「あの人には何か止められないものがある」

『スペンサー』は、ダイアナがチャールズ皇太子との離婚を決意した1991年のクリスマス休暇の3日間を描く。「ダイアナは頑張っていた。自身の理想の実現に向けて突き進んでいた」。役を引き受けてからダイアナについて調べるうちに、クリステンは彼女と一体化した。「演じるのはとても楽しかった。本当はつらい日々だったのだけれど」。来年で没後25周年となるダイアナになり切った気分を、本誌H・アラン・スコットが聞いた。

211130P56_KST_01.jpg

TIM GRAHAM PHOTO LIBRARY/GETTY IMAGES

――誰もが知る人を演じることにためらいは?

6カ月間は恐怖で目が覚めた。撮影開始の直前まで、始まるのが怖かった。それで体がおかしくなった。

――ダイアナは平静を装いながらも、もろい精神状態にあった。その微妙なバランスを、どう表現した?

拍子抜けするほど飾らず、それでも美しく、優しく見えるときでさえ、誰もが彼女のそばにいてあげたいと思う。ダイアナは繊細で、ちょっと突っつけば破裂しそうな心の持ち主。どうにも予測不能で、危険を感じさせるほど。彼女の精神状態を思うと、守ってあげたいと強く感じた。

――演じる上で一番大変だった点は?

ダイアナの死を考えないようにしていた。私の中では彼女は生きていて、週に3、4回は悲しみに暮れるから。ひどい交通事故で亡くなったなんて、信じられない。

――アカデミー賞狙いと言われるのは不愉快?

全然。大きな話題になるのはありがたいこと。私はダイアナを愛し、(監督の)パブロを誇りに思っている。作品を通じて素晴らしい時間を共有できたとも思う。

 20220125issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年1月25日号(1月18日発売)は「2024年の全米動乱」特集。次期米大統領選のトランプ再敗北で、100万人超の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが――

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    難病「結節性硬化症」に苦しむ女性を救ったピアノ...…

  • 5

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息…

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    「BLACKPINKジス」主演ドラマ、批判殺到で打ち切り危…

  • 3

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    子育てで大切なたった一つのこと

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売