最新記事

国際貢献

医療格差をITの力で解消へ 途上国支援に邁進する日本人女性

2021年12月03日(金)17時34分
澤田知洋(本誌記者)

COURTESY OF MIUP INC.

<才能のある子供が貧困のせいで教育機会を失っているという現実を知った彼女は、テクノロジーを武器に貧困という途上国の課題に向き合う>

酒匂真理の原点は17歳の頃のバックパッカーとしての体験にある。フィリピンを旅したとき、同い年の学業優秀な少年が奨学金をあえて断り、ゴミ拾いで家族を養う姿を目にして、「格差に対して無知だった」と衝撃を受けた。途上国支援を志して行き着いたのは、ITとビジネスの力で世界の隅々に医療を届ける事業だった。

外資系メーカーを経て2015年に現東京医科歯科大学准教授の長谷川嵩矩らとmiup(ミュープ)を創業。医療水準が発展途上のバングラデシュで検査センター、訪問健診・診療、AI(人工知能)医療の3事業を柱に展開している。

血液検査などの業務を受注する大型検査センターが今年3月から首都ダッカで稼働しているほか、訪問やクリニックでの診療・健診サービスも提供。AI技術で医師が遠隔から低コストで健診する貧困層向けの仕組みも国際協力機構(JICA)の支援で実証実験中だ。

いずれも効率化にデータ分析を含むITの力を活用している。経済成長著しく、生活習慣病患者が増えている同国で予防から検査、診断・治療までのサイクルを一気通貫で担うことを狙う。

「独特のエネルギー感があって、行くだけでポジティブになる」バングラデシュが好きだ、という彼女の挑戦は続く。

Mari Sako
酒匂真理
●miup(ミュープ)CEO

 20220125issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年1月25日号(1月18日発売)は「2024年の全米動乱」特集。次期米大統領選のトランプ再敗北で、100万人超の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが――

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米大型歳出法案、地方税控除拡大なければ支持せず=民

ビジネス

独コメルツ銀、子会社引当金が第4四半期決算圧迫へ 

ワールド

ドイツ、G7アジェンダ公表 環境や景気回復に焦点

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    子育てで大切なたった一つのこと

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売