最新記事

英王室

エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息子」「もっと不人気な孫」

GOD SAVE THE QUEEN

2021年12月22日(水)19時54分
ジャック・ロイストン(英王室担当)

エリザベス女王は在位70年の間に公私共に多くの困難をくぐり抜けてきた CHRIS JACKSONーWPA POOL/GETTY IMAGES

<2022年に在位70周年を迎えるエリザベス女王に心身の衰えが見られるなか、スキャンダルまみれのイギリス王室は存続できるのか>

イギリスで1952年、エリザベス女王が即位したとき、アメリカの大統領は今は亡きハリー・トルーマンだった。現職のジョー・バイデン大統領は小学生だったし、現在の英国民6800万人の約85%はまだ生まれてさえいなかった。

女王は現在95歳。その母親で、クイーン・マザーの呼称で親しまれた皇太后は101歳まで生きた。

英国歌「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン(神よ、女王を守りたまえ)」が最後に歌われるとき、王冠は女王の長男であるチャールズ皇太子に受け継がれる(そして国歌は「ゴッド・セーブ・ザ・キング(神よ、国王を守りたまえ)」になる)。内向的で、華がなくて、悲劇の死により聖人視されるようになったダイアナ元妃の影から決して逃れることができない人物だ。

チャールズも73歳と、十分高齢。2021年11月14日の誕生日は、戦没者を追悼する「英霊記念日曜日」と重なった。その日は女王が10月に予定外の1泊入院を経て異例の静養を取り、3週間ぶりに公の場に姿を見せる日になるはずだった。

ところが当日の朝になって王室は、女王が「腰の筋を痛めた」ため、「大変残念ながら、英霊追悼礼拝に出席できないと判断した」と声明を発表した。「女王陛下は礼拝に出席できないことに落胆している」

「国民に知らされていないことがある」

たちまち女王の健康状態をめぐる臆測がメディアにあふれた。「われわれには知らされていないことがある」と、コメンテーターのピアーズ・モーガンはツイートした。「女王の健康状態が、王室の発表よりも深刻な状態であることは明らかだ」

王室は今も、女王がオンライン謁見などの「軽い公務」を続けられると「希望を抱いている」とされる。無理もない。長年連れ添ったエディンバラ公フィリップ殿下が21年4月に死去して、心身共に衰えを見せる女王の肩に、イギリスの君主制の未来が懸かっているのだから。

211228P58_EOS_02.jpg

プリンセス時代のエリザベスと婚約者フィリップ BETTMANN/GETTY IMAGES

英王室はイングランド時代を含め1000年以上にわたり、無数の戦争とスキャンダルと反乱と、王朝の変遷を乗り越えてきた。だが、ソーシャルメディアに華やかな映像があふれる時代には、伝統や壮麗な式典といった王室の最強の財産は昔のような憧憬の念を抱かれなくなった。

それに国民は君主を選べない。これは、人気が下がる一方のチャールズにとっては好都合であるけれど。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

岸田首相「インド太平洋で侵略起こしてはいけない」、

ビジネス

ダボス会議、独経済相やIMF専務理事などこれまでの

ワールド

日米、台湾への基本的な立場に変更ないことを確認=官

ワールド

米大統領、インド首相との会談で共通点強調へ=米高官

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売