最新記事

セレブ

キム・カーダシアン、「ハリウッドで一番モテる男」と真剣交際中?

2021年12月27日(月)16時15分
松丸さとみ

キム・カーダシアンが独身になりたい理由は、ピート・デヴィッドソン? REUTERS/Danny Moloshok

<キム・カーダシアンは、カニエ・ウェストとの7年間の結婚を解消しようとしているが、独身になりたい理由は、ピート・デヴィッドソンの存在があるからではないか、との憶測が広がっている......>

「友達」とされていた2人、家族ぐるみの付き合いへ

キム・カーダシアンが、熱愛中だと噂だ。お相手とされているのは、米人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』(SNL)にも出演中のコメディアンであり俳優でもあるピート・デヴィッドソン。しかもかなり真剣な交際だと見られている。

カーダシアンは2021年2月、ラッパーのカニエ・ウェストとの7年間の結婚を解消するために、離婚の申し立てを行った。これを受けてウェストも4月、離婚を申し立てた。とはいえウェストはその後、あるインタビューでカーダシアンを「妻」と呼び、離婚を否定している。

こうしたウェストの思いも虚しく、カーダシアンは12月13日、法的に独身であることを認めるよう求める書類を、裁判所に提出した。これは、ウェストとの離婚が遅々として進まないために、子どもの親権や不動産などの財産分与の話し合いとは別に、婚姻状態だけでも独身であることを確認したいというものだ。米ローリングストーン誌によると、書類にはウェストとよりを戻す意思はまったくない旨が明確に記されているという。

カーダシアンがここまでして独身になりたい理由は、ピート・デヴィッドソンの存在があるからではないか、との憶測が広がっている。

カーダシアンとデヴィッドソンが一緒にいる姿が最初に公の場で目撃されたのは、10月。カーダシアンがSNLに初出演をした後だ。テーマパークで手を繋いでいる姿だったが、米ピープル誌によるとこのときは、「ただの友達」とされていた。

とはいえデヴィッドソンは、自身の誕生日(11月16日)にカーダシアンやカーダシアンの母親などと一緒に過ごし、その後、カーダシアンを自分の母親や妹に紹介したことから、現在はかなり真剣な交際なのではないかと見られている(ただし、クリスマス休暇は別々に過ごしているという噂だ)。

「デヴィッドソンはなぜモテるのか」

ところでデヴィッドソンは、実はこれまでかなり華やかな交際歴があり、「ハリウッドで一番モテる男」とも呼ばれている。アリアナ・グランデと婚約していた他、ケイト・ベッキンセール、マーガレット・クアリー、最近ではフィービー・ダイネバーとも付き合っていた。

RTS1Y3HM.JPG

ピート・デヴィッドソンとアリアナ・グランデ 2018 MTV Video Music Awards REUTERS/Andrew Kelly

Pete Davidson and Phoebe Dynevor Get Cozy at Wimbledon | E! News


メディアがデヴィッドソンの人気ぶりを取り上げるときに必ずといっていいほど触れるのが、「ものすごいゴージャスなルックスなわけでもないのに、なぜモテるのか」という点だ。ニューヨーク・ポスト誌は、この謎に迫ろうと「女性たちはなぜピート・デヴィッドソンに夢中になるのか」という直球のタイトルで記事を書いたほどだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

豪副首相「対中関係は今後も困難」、中国は改善目指す

ビジネス

米金利、8月までに2%前後になると予想=カンザスシ

ビジネス

トヨタ、6月の世界生産約85万台 年初から10万台

ワールド

米大統領、インド首相との会談で共通点強調へ=米高官

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売