最新記事

政治家

「自分は違う」としてきたメルケル前首相が、遂に「フェミニスト」宣言した意味

FINALLY A FEMINIST

2022年01月14日(金)10時51分
ジル・ペッツィンガー(ジャーナリスト)

男性優位のドイツ政界で女性政治家は着実に実績を積んでいる(18年11月、ドイツの女性参政権行使100周年の式典) Fabrizio Bensch-REUTERS

<強いリーダーとして経済大国と欧州を率いた16年、「女性」を強調したくないと言い続けた前ドイツ首相の思い>

欧州最大の経済大国の舵を取ってきた16年間、ドイツのアンゲラ・メルケル前首相はさまざまな言葉で評価された。勤勉で慎み深く、信頼できる人物と称賛され、外国メディアは「自由世界のリーダー」と呼んだ。政治の風向きを見極めてから決断を下す、抜け目のないパワープレーヤーとも言われた。

ただし、本人が常に避けてきた呼び名がある。フェミニストだ。

2017年にイベントで登壇したメルケルは、フェミニストと呼ばれることを気まずそうに拒んだ。その後、独ツァイト紙のインタビューで、自分にとってフェミニストとはドイツの著名な活動家アリス・シュヴァルツァーや、参政権を求めて戦った人々のような女性だと語った。

「私は間違った称賛を求めたくない。彼女たちは女性の権利のために人生の全てを懸けて戦った。自分もそうしてきたとは、とても言えない」

「宣言する。私はフェミニストだ」

しかし、任期満了を目前にした21年9月、メルケルは心変わりしたようだ。自分は「男性と女性は平等だ」と信じていると語り、盛り上がる聴衆に向かって言った。「その意味で、今日、ここで宣言する。私はフェミニストだ」

1954年にアンゲラ・ドロテア・カスナーとして生まれたメルケルは、ルター派の牧師である父のもと共産主義の東ドイツで育った。最初は物理学者として、続いて男性優位のドイツ政界と保守的なキリスト教民主同盟(CDU)で、男性社会を生きるすべを早くから学んだ。

ヘルムート・コール元ドイツ首相には「マイガール」と呼ばれた。ドナルド・トランプ前米大統領やロシアのウラジーミル・プーチン大統領が外交の舞台で彼女を侮辱し、軽んじようとしても動じなかった。

フェミニストのヒーローになることを拒んできた背景には、こうした微妙な性差別の経験もあるかもしれない。「私はドイツの女性にとってだけでなく、ドイツの全ての人にとって連邦首相である」と、メルケルはツァイト紙で語っている。

「全ての分野において男女平等であることは、私にとって論理的なことだ。常に主張している必要さえない」

ボクシーシルエットのジャケットに黒いパンツの「制服」は、メディアに自分の服装より行動に注目させる手段になっている。一方で、家父長制社会を生き抜くために自分を脱女性化している、という解釈もある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

岸田首相「インド太平洋で侵略起こしてはいけない」、

ビジネス

ダボス会議、独経済相やIMF専務理事などこれまでの

ワールド

日米、台湾への基本的な立場に変更ないことを確認=官

ワールド

米大統領、インド首相との会談で共通点強調へ=米高官

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売