最新記事

ドラマ

『SATC』復活、55歳の「ミランダ」が語る登場人物の変化とサマンサの不在

Change Just Like That

2022年01月06日(木)17時16分
H・アラン・スコット

「前回の続きからすぐに始まりたい」と語るニクソン VIVIEN KILLILEA/GETTY IMAGES FOR NEW YORK MAGAZINE

<成熟した彼女たちの新しくも懐かしい物語。ミランダ役のシンシア・ニクソンが語る続編と女性のドラマ(と政治)>

『セックス・アンド・ザ・シティ』(SATC)が帰ってくると聞けば、興奮が高まるのは当たり前。しかもパンデミックの最中に続編が発表されて、心が癒やされた人もいるだろう。SATCは「みんなが戻ってくるところ。危機の時は特にね」と、ミランダ・ホッブズ役のシンシア・ニクソンは言う。

SATCの「新たな章」となる『アンド・ジャスト・ライク・ザット』(HBO Maxで配信中)は、前作とは重要な違いがある。まず、キム・キャトラルが演じたサマンサ・ジョーンズがいない。「私が考えても仕方のないことだから。新しいキャラクターもびっくりするくらいたくさんいる」

もう1つなくなったのは、ミランダの赤い髪だ。監督・脚本のマイケル・パトリック・キングと話し合ったときに、ニクソンが「彼女は55歳。今さら髪形や色でどうのこうのもない」と言うと、「そうそう、ミランダは気にしちゃいない」と返された。

ともあれ、懐かしい登場人物の復活に、ファンはほっとするだろう。「長い間、会っていなかった友人と再会するような感じで、でも前回の続きからすぐ始まりたい」。本誌H・アラン・スコットがニクソンに話を聞いた。

◇ ◇ ◇

――このプロジェクトに自分が参加するとは思っていなかった?

全く。(続編も含めて)自分に声が掛かることも、ヒットすることも、考えたことさえなかった。映画を作って、もう1本作って、さらにこうして戻ってくるなんて。

――ファンはどんなことを期待していいか。

登場人物が成長して、変化して、成熟する。この作品は特に、年齢を重ねていく。50代半ば、まして女性を描く番組はあまりないだろう。

――ミランダはとても親しみやすい女性だ。

今では私たちが当たり前に受け入れている多くのことについて、彼女は時代の先端を走っていた。世界に対する見方、女性に対する見方や私たちが直面している課題について、私たちはミランダと同じ方向に進んできた。

――再び政治家を目指すつもりは?

私が(2018年のニューヨーク州知事選で民主党の予備選に)立候補した理由の1つは、ほかに人がいなかったから。アンドルー・クオモ(前州知事)は恐ろしくて、執念深くて、政治を生業とする人は誰も対抗できなかった。幸い彼は辞任して、ほかの人たちが出馬するから、もう私が出る必要はない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

ビジネス

アングル:多様化進む米FRB、地区連銀が先行 課題

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 1

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 4

    日本のしつけで軽視される「コミュニケーション力」…

  • 5

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売