最新記事

経営

階層、意思決定、時間感覚......インド事業の文化の壁

2016年4月6日(水)17時58分
ニヒル・ラバル ※編集・企画:情報工場

 最下層とトップ層がどのくらい違うか(またその不平等がどれほど社会的に容認されているか)を知るのは簡単だ。ムンバイでは、大富豪が20億ドルをかけて建てた27階建ての自宅のすぐ外に、職を失って路上生活をするホームレスの家族を見ることができる。ムンバイは2000万人が住む大都市だが、月収が150ドルに満たない人がたくさん暮らしている。インドでビジネスをするには、これほどのスケールで不平等が存在することを頭に入れておく必要がある。

 インド人は(かつての宗主国である)英国の階級制度の伝統を引き継いでいる。それゆえ同じ会社の従業員同士の関係も上下関係を意識した形式ばったものになりやすい。部下が上司のことを当たり前のように「sir」「madame」(※いずれも身分制度の中で「ご主人様」に当たる最上級の敬称)と呼んだりする。加えてヒンドゥー教とカーストの影響もある。階層的な上下関係を重視する文化が確立しているのだ。

 インドの仕事では「公式のチャネルを通す」ことが非常に重視される。たとえば、許可申請に迅速に対応してほしいと思ったら、提出先の担当部局内部の階層構造を調べてみるといい。階層に十分配慮して事を運べば、仕事がより速く進むはずだ。学校の生徒は教師のことを「グル(※ヒンドゥー教の導師の呼称)」と呼び、仕事上の「ボス」には最大級の責任と権力が集中していると見なされる。部下が(一つ一つの仕事について)許可を求めることが、上司への敬意を表すことになる。

 階級制度は、家父長制のもとにある「家族」の中にも見られる。家族の絆がインドという国をまとめているといっても過言ではない。インド人は、あらゆる面で家族を頼る。重要な決定をする際には必ず家族の中の年長者にはかり、承認を得なければならない。インドではいくつもの世代が同居するのが普通だ。そういった環境で育ったインド人は、日常生活だけでなくビジネスにおいても人間関係に価値を見出すようになるのだ。

 インドで事業を展開するにあたっては、家族経営の仕組みを理解することが課題の一つといえるだろう。インドの企業は、小さな路面店から多国籍の大企業まで、大多数が家族経営だ。

 インドの企業は、本当の意思決定者が誰なのかがわかりづらいこともある。「グループ・プレジデント」やら「マネージング・ディレクター」やらの肩書きは、あまり意味をなさない。これは、企業が上場し、新しいルールのもとにガバナンスが行われるようになったとしても変わらない。本当の意思決定者を探し出す努力は続けるべきなのだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月