最新記事

離脱派

守ってもらいたい人々の反乱──Brexitからトランプへ

2016年6月28日(火)16時00分
安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)

資金は「EUに拠出するよりNHSへ」と書いた離脱派のバス Darren Staples-REUTERS

<イギリスでEU離脱を支持したのは、移民の負担やEUへの拠出金で自分たちの社会保障が削られかねないと恐れた人々、アメリカでトランプを支持しているのは自分たちの医療保険や年金を守ろうとしている人々──守られたい人々の衝動が、先進国の政治を揺るがしている>

 EU離脱の決断を下したイギリスの大統領選挙。アメリカのトランプ旋風と共通するのは、国に守ってもらいたい人々の反乱であることだ。

EU離脱で医療充実に期待

 移民問題が最大の論点といわれたイギリスの国民投票だが、EU離脱派はイギリスの国営医療制度(NHS)の充実にも期待を寄せている。イギリスのNHSは、多くの場合に無料で医療サービスを提供している。世論調査によれば、離脱支持者の7割近くが離脱がNHSに良い影響を与えると答えている。移民の減少を期待する割合(8割強)ほど高くはないが、かなり高い水準なのは間違いない。残留支持者は5割程度が離脱によるNHSへの悪影響を懸念しており、両陣営の見解が大きく分かれた(図表1)。

yasui0628-01.jpg

 NHSの充実は、離脱キャンペーンの大きな論拠の一つだった。「EUのために移民の増加が制御できず、NHSの財政破たんににつながりかねない」。「離脱によってEU予算への拠出が浮けば、それでNHSを充実できる」。ボリス・ジョンソン前ロンドン市長らは、そんな主張を繰り広げた。

【参考記事】英EU離脱に憤る若者たち: でも実は若年層は投票しなかった世代
【参考記事】パブから見えるブレグジットの真実

 自らが受ける医療サービスを守り、できれば充実させたい。なけなしの社会保障予算を、移民やEUの官僚と分け合いたくない。国に守ってもらいたい人々の衝動が、イギリスをEU離脱に押しやる一因になったように見受けられる。

トランプは年金を守る

 大西洋をはさんだアメリカでは、国に守ってもらいたい人々が、ドナルド・トランプを支持している。

 いうまでもなくトランプは、共和党の大統領候補である。共和党は小さな政府が持論であり、年金や医療保険の縮小を主張してきた。

 ところがトランプの主張は違う。「年金や医療保険を守る」というのだ。背後には、支持者の声がある。トランプ支持者の7割強は、年金の縮小に反対である。大きな政府を好む民主党の支持者と、ほとんど変わらない水準である。

 トランプ支持者に限らず、共和党支持者全体でも、7割弱が年金の縮小に反対している。公的年金に関しては、「共和党支持者=小さな政府支持者」という単純な構図は当てはまらない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感、11月は9カ月ぶり低水準 イン

ビジネス

米ケース・シラー住宅価格、9月は前年比19.1%上

ビジネス

FRB、テーパリング加速検討すべき 次回会合で=パ

ビジネス

カナダ、第3四半期は5.4%成長 コロナ規制緩和で

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月