最新記事

<ワールド・ニュース・アトラス/山田敏弘>

ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

2017年10月20日(金)18時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

7月に首席補佐官に就任した元米軍海兵隊大将のケリー Yuri Gripas-REUTERS

<北朝鮮との戦争について「外交が機能することを望もう」と、差し迫った緊張感はないことを示唆したトランプ最側近のケリー>

日本の総選挙のすぐ後の11月5日に、ドナルド・トランプ米大統領が訪日・訪中することが決まった。挑発的な言動を繰り返す北朝鮮に対して、トランプは相変わらず「軍事オプション」の雰囲気をうまく醸し出しながら挑発発言で応えている。ただ結局、この「緊迫する北朝鮮情勢」をトランプ政権は本当のところどう見ているのだろうか。

先日、それを読み解くヒントになりそうなイベントがあった。2017年10月12日、米ホワイトハウスのジョン・ケリー首席補佐官が、就任後初となる記者会見を行なった。

ケリーといえば現在、トランプの側近であり、首席補佐官はホワイトハウスを管理する官房機能のトップだ。トランプに直接助言をできる立場にいる数少ない人物であることは間違いない。

そんな側近としてトランプを客観的に語れる「大人」のケリーが、記者会見で北朝鮮などについて30分ほど話をした。

元米軍海兵隊大将のケリーは国土安全保障長官から7月31日に現職に就いたばかりだ。

米メディアの報道には、この会見でケリーの本音が見えたと分析するものもある。例えば、こんなコメントだ。

「アメリカという国を運営するのは本当にハードワークだ」

この発言に、やはりケリーが実質的な権力者だということではないか、と指摘する声が出ている。しかもケリーが慌てて次のように言い直したこともその"疑惑"を後押しした。「私が運営しているのではないが、何年も語ってきたように、この国に身を捧げる人のために働いている」

ちょっと上げ足取りのような感じもするが、とにかくケリーの一言一句まで厳しく分析され、メディアもそこから本音を拾おうと必死だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、雇用統計控え上値は限定的

ビジネス

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

ワールド

原油先物1%超上昇、OPECプラスの増産維持で荒い

ワールド

米欧がベラルーシに追加制裁、移民問題で 英加も連携

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月