最新記事

日本の宇宙開発

「こうのとり」7号機、小型回収カプセルの回収に成功、その意義とは...

2018年11月15日(木)17時00分
鳥嶋真也

「こうのとり」7号機に搭載されていた小型回収カプセル

6号機までは、「こうのとり」のミッションは大気圏に再突入し、燃え尽きたところで完了だったが、今回は大きく2つの新たなミッションが実施された。

ひとつは、「こうのとり」に搭載されていた「小型回収カプセル(HSRC、HTV Small Re-entry Capsule)」である。

カプセルは直径84cm、高さ66cmの円錐台形で、質量は約180kg。中にISSで生み出された実験成果、試料などを搭載し、地球に持ち帰ることができる。

また、さまざまな制約から、電力を使わず試料を保冷する必要があったことから、魔法瓶のような仕組みの容器を搭載し、その内側に試料を格納できるようになっている。この魔法瓶の開発は、JAXAや宇宙企業ではなく、タイガー魔法瓶が担当した

搭載可能な実験試料の質量は約20kgで、内部の容量は約30リットルある。ただし保冷が必要な試料を持ち帰る場合は、魔法瓶と保冷剤もいっしょに入れる必要があるため、回収できる試料は5リットル程度になるという。

space1115003.jpg

「こうのとり」7号機に搭載された小型回収カプセル (C) JAXA

そしてもうひとつは、日本の近海で再突入し、着水したことである。

従来「こうのとり」は、燃え残った破片などが人家などに落下することを防ぐため、太平洋のど真ん中で再突入、落下していた。しかし、今回はカプセルを回収する必要があることから、日本上空付近で再突入し、南鳥島近海に着水するように飛ぶコースを取った。さらに、内部の試料に衝撃を与えないよう、ふんわり優しく降りてくるような「揚力突入」という飛び方も採用している。

カプセルは「こうのとり」7号機が大気圏に再突入する10分ほど前に分離され、再突入で破壊される「こうのとり」7号機を尻目に、熱に耐え、着水。その後、船によって回収され、搭載していた試料は取り出され、11月13日にJAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)に到着。またカプセルも後日、同センターに送られる予定で、今後それぞれ分析が行われる。

ISSからのカプセル回収も、日本近海への着水も、そして揚力突入も、日本の宇宙開発史上初の挑戦だったが、無事に成功し、その技術がたしかなものであることが実証された。

space1115004.jpg

宇宙から帰還した「こうのとり」7号機の小型回収カプセル (C) JAXA

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国主席、デジタル経済の「不健全な」発展防止に規制

ワールド

ハッカー攻撃にベラルーシ情報機関関与、ウクライナ高

ワールド

五輪控えた北京で初のオミクロン株市中感染、上海でも

ビジネス

アングル:中国は金融緩和加速、米利上げによる資金流

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:コロナの最終章?

2022年1月18日号(1/12発売)

猛烈な勢いで世界に感染拡大するオミクロン株は、新型コロナが「普通の風邪」に変わる予兆か

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 5

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 6

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 7

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 8

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 9

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 10

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 5

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月