最新記事

読書

音声は出版の新しいフロンティア──文字以上の可能性を秘めている

2019年4月4日(木)17時45分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

「標準化」された文字言語は、安定したものではあるが、言語作品にとってそれが価値であるかどうかは一概に言えないだろう。英国の英語教育では、シェイクスピア戯曲の400年前の活字版口語を子供に読ませているという。英語の変化が比較的に少ないということもあるが、これは音声言語を継承する一つの考え方だ。文字と音声の関係は、生きたものであるほどよいように思われる。

音声言語が初めて記録・再生されるようになったのは1世紀半ほど前だが、ほとんど商業メディア(出版と放送)の中に閉じており、身近な生活に入ってきたのは、モバイルWebが初めてということになる。ひと世代くらいで、まだ社会は社会的空間での音声表現の利用に慣れていない。「オーディオブック」は文字作品の影として生まれたが、さらに大きな可能性があると考えたほうが自然だろう。これまで出版における音声は、補助から主役へと発展している。

アクセシビリティ/音声代替(読書補助)
エクスペリエンス/パフォーマンス(音声表現/体験)

前者は「テキスト」という文字による枠があるが、後者は自由であり「テキスト」との関係は自由に設定が可能で、音声をオリジナルとすることも可能だ。表現の自由な展開を可能するという意味で、詩人や詩を愛する人に歓迎されるだろう。活字出版は「版の経済性」に拘束されたビジネスであり、表現の多様性(ゆれ)は価値ではないが、デジタル・コンテンツでは価値ともなりうる(これは「版」と「バージョン」の違いでもある)。クラシック音楽では、曲によって数種類もの「印刷譜」がある場合があり、演奏家に選択が任される。印刷譜と音楽の間には距離があり、その空白部分の解釈/表現という音楽体験に価値があるためである。

デジタルが「出版」を解放した

耳になじんだことばは、韻文として詩に伝わり、また言語の生命力は、口語(口頭言語)の変化として言語をリードしている。音声言語は文字言語と表裏の関係にある。朗読や朗唱はヨーロッパやアジアでも重要なライブ・パフォーマンスの伝統とされている。活字出版以降の黙読の普及は、音声言語と音読を表舞台からは消し去り、エジソンの発明になる蓄音器や、その後のカセットテープが細々と「音声出版」をつないでデジタルの時代を迎えたが、Webの登場がもたらしたものは、ストリーミング・メディアによる朗読というだけではなかった。

ラジオ(ポッドキャスト)
音声パフォーマンス、
音声/文字変換、
音声インタフェースである。

これらは、音声コンテンツを再生できるだけでなく、それを販売することもできる。Webは「放送」も「ライブ」もいや「それ以上」のことも出来たからだ。

20世紀の終わりに、ついに音声は文字との垣根を乗り越えた。デジタルが活字を扱えるようになって間もなく、音声は文字に、文字は音声に変換が可能になり、その効率と精度は、時間とともに着実に向上した。目も眩むような高解像度グラフィックの、音声が重要なインタフェース言語でもあることに注目した人はあまりいなかったが、これも重要な変化だった。

20年後に、AIの進化で面目を一新した「音声エージェント」で、われわれは人類最古の「出版」がいまでは強力で豊かななテクノロジーに支えられていることを知った。音声は出版の新しいフロンティアであり、文字以上の付加価値を秘めている。

EBook2.0 Magazineからの転載です。

cover_b2.jpgWeb時代のブックビジネス─本/著者/読者に何が始まったか: Kindle以後10年Book II-1


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ワールド

米19州・ワシントンでコロナ感染者減少、オミクロン

ビジネス

中国対抗と半導体投資増強の法案提出へ=ペロシ米下院

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月