最新記事

中国

天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅

2019年4月26日(金)11時15分
譚璐美(たん・ろみ、作家)

それが時間が経つにつれ、「中国の本質とは何なのか、それは日中関係にも深く影を落としているのではないか」という疑問に行き着いた。そして日中関係の真相を探ろうと、今春、『戦争前夜――魯迅、蒋介石の愛した日本』(新潮社)を出版した。作家の魯迅と軍人政治家の蒋介石の軌跡を軸に、「国家」と「国民」の関係を見つめ、現代の日中関係に横たわる違和感や嫌悪感の真相を突き止めようという試みである。

ときは20世紀前半。清国ではアジアでいち早く近代化した明治日本に学ぼうと、日本留学ブームが起こっていた。最盛期の1906年には約1万2000人の清国留学生が来日し、8割が東京にいたという。魯迅も蒋介石も日本留学生だった。

夏目漱石に憧れた魯迅は、近代化した文芸のかたちを「口語体による短編小説」だと見定めて、『狂人日記』を書いて有名になった。革命に身を投じた蒋介石は、日本で学んだ軍人精神を発揮し、軍人として次第に頭角を表して、ついには国家の最高権力者に上り詰めた。

その過程で、ふたりは「ペンと剣の闘い」に火花を散らし、真っ向から対峙する。「国家」を夢見る蒋介石と、「国民」を見つめる魯迅が、日本の侵略と国内権力争いの時代の中で、かつて愛した日本との関係に悩み、葛藤しつつも、日本人との友情を大切に思う姿を描いた人間ドラマである。

この人間ドラマの中で、1902年に来日した魯迅に大きな影響を与えたのが嘉納治五郎である。NHKで放送中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」に登場し、スポーツを通して人間形成を広めようと情熱を傾ける嘉納は「柔道の父」として知られているが、1902年に清国人のための日本語学校「弘文学院」を創設した事実はあまり知られていない。魯迅は「弘文学院」の第一期生だった。

中国では一度も「公理」を重んじる教育が行われてこなかった

嘉納は1902年夏、2か月に及ぶ清国視察旅行へ出かけ、帰国後の10月に「弘文学院」の最初の卒業式で、次のような講話を行った。

「清国で最も急を要する教育は普通教育と実業教育であり......普通教育の目指すものは、国家の一員としての資格を備えた国民の養成である......中国の改革は急進的にではなく、平和的で斬新的に行うのが良い」そして「中国の国民性」について、嘉納は「中国の国体は、『支那人種(漢民族)』が『満州人種』の下に臣服することで成り立っており、この名分にはずれてはならぬ。『支那人種』の教育は『満州人種』に服従することを要点とする......『支那人種』の民族性は長い間にできあがってしまったもので、奴隷的な根性は改善の見込みがない!」と言い切った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月