最新記事

顔認証

Google 「Pixel 4」の顔認証用データ、街で声をかけ5ドルで集めていた

2019年7月31日(水)18時20分
佐藤由紀子

Google 「Pixel 4」顔認証用データは、「足で稼いだ」ものだった...... Google Pixel 4

<Googleの今秋発売予定のスマホ「Pixel 4」で、ロック解除方法として顔認証を採用されるが、開発のためのデータは意外な方法で集められていた......>

Googleが、この秋に発売予定のオリジナルスマートフォン「Pixel 4」で、ロック解除方法として初めて顔認証を採用する。

AppleがiPhoneのロック解除に顔認証の「Face ID」を採用したのは、2017年発売の「iPhone X」からだ。それ以降iPhoneの新モデルは毎年、「Face ID」搭載になっている。

顔認証は、大まかに説明すると、それまで一般的になっていた指紋認証の代わりに、スマートフォンなどに顔を向けることで、本人であると認証させる機能。iPhoneの場合は、ロック解除やApple Payの実行に使う。

Appleは世界中の、性別、年齢、民族......10億点画像を使った

AppleはFace ID採用に当たり、開発のためのデータセットに偏りがないよう「世界中の、性別、年齢、民族、その他のカテゴリーを代表する人々に協力を求め、10億点以上の画像をデータセットとして使った」と、「Face ID Security」という文書で説明している。

データセットに偏りがあると、人種や肌の色によって、認証がうまくいかないケースが出てくる可能性がある。例えばMITメディアラボで研究者の顔データを使ってトレーニングした顔認証システムは、黒人女性の顔を認識できなかったと、MITメディアラボの研究者、ジョイ・ブオラムウィニ氏が2016年、TEDで語った。メディアラボの研究者は白人の男性が多いため、非白人の女性の認証を失敗したということだった。

Googleの従業員だと名乗る人物から顔データ提供を求められた......

Googleはかつて、顔認証で大きな失敗をしている。同社のAI採用写真アプリ「Googleフォト」が、AIによる自動タグ付けで、黒人の女性の写真に「ゴリラ」というタグを付けてしまったのだ。

そんなGoogleがPixel 4での顔認証システム採用に当たってとった対策は、データセットのための顔データを"足でかせぐ"ことだった。

5月ごろから、Googleの従業員だと名乗る人から顔データ提供を求められたという体験談が出始めていた。ZDNetによると、協力することに合意すると、改造されたPixelを手渡され、約5分間手や顔の動きを収集されたという。協力すると、5ドル(約540円)分のAmazonあるいはスターバックスのギフト券をもらえる。

かなり泥臭い方法だが、人種や肌の色、性別を実際に目で確認した上で声を掛けるというのは、確実な方法とも言える。

最先端のIT企業がやることとしては意外かもしれない。だが、同社のGoogleマップの特徴である「ストリートビュー」は、実際にカメラで道路の写真を撮ることで構築している。これもかなり泥臭い方法だ。Googleが何人の協力者のデータを集めたかは不明だが、一度決めたら力技も発揮するGoogleの特徴が出た例かもしれない。今回、「Pixel 4」のロック解除方法として採用された顔認証だが、今後、Googleがどういう展開をするか楽しみでもある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、小型セダンのEVを中国に来年投入 BYDの

ビジネス

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、雇用統計控え上値は限定的

ワールド

原油先物1%超上昇、OPECプラスの増産維持で荒い

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月