最新記事

イスラエル

イスラエル政治の停滞と混迷は続く......やり直し選挙の行方

2019年9月19日(木)11時30分
錦田愛子(慶應義塾大学法学部政治学科准教授)

アラブ政党の躍進、リーバーマンが握る鍵

リクードおよび「青と白」が主軸となったものの、今回と前回では選挙に参加した党派の布陣が若干変化している。ナフタリ・ベネット元教育相は、4月の選挙の直前に「ユダヤの家」から分裂し、新党「新しい右派」を結成した。だが少数勢力では議席を確保できなかったため、前回選挙から教訓を得て、アィエレト・シャケッドとともに右派連合「ヤミナ」を形成してこの度の選挙に臨んだ。その結果、今回は7議席を得ることに成功している(議席数は92%開票時点の速報値)。かつてはリクードとともに二大政党であった労働党は、近年は選挙で苦戦が続き、今回はゲシェルと連立を組んだが、やはり議席数を伸ばすことはできなかった。

そんな中で注目を集めたのは、イスラエルの人口の約2割を占めるアラブ系(パレスチナ系)の動向だ。ネタニヤフはアラブ系政党を露骨に敵視しており、以前の選挙ではアラブ系の票が伸びることを脅威のように論じたり、9月の選挙前には投票所にカメラを設置してすべての会話を記録させようと法案を提示したりしていた。

これに対し、アラブ系の政党側はなかなか結束できず、前回の選挙ではハダッシュ党とタアル党の連合が6議席、統一アラブ・リスト党とバラド党の連合が4議席で合計10議席を獲得していた。それが今回は4党すべてが連立して「アラブ統一リスト」を形成したことで、やや議席を伸ばして13議席を獲得することとなった。しいたげられてきたアラブ系政党が、リクードと「青と白」に次ぐ第三党となったことに対して、代表のアイマン・アウダは勝利宣言を出した。

だが結果的に、今回もキャスティング・ボートを握ることになったのは「イスラエル我が家」党のアヴィグドール・リーバーマンである。前回の選挙では、連立の条件として、超正統派ユダヤ教神学校生徒の徴兵免除を廃止する法案の成立を訴えるリーバーマンとネタニヤフの間で連立合意がまとまらず、解散に追い込むかたちとなった。今回の選挙では議席をさらに5から9に伸ばした「イスラエル我が家」は、与党が安定多数で形成される上でカギを握る存在となる。リクードも「青と白」も共に、前回の選挙から議席を減らしているため、多数派工作は組閣の上でますます重要となっている。

大連立か少数与党か

そのリーバーマンが望んでいるのは、リクードと「青と白」、「イスラエル我が家」から成る大連立政権の発足だ。投票後の党本部前での演説で彼は、イスラエルのおかれた治安や経済の状態を緊急事態と評し、大連立が「唯一の選択肢」であると主張した。そこにはリクード主導の右派政権の中に吸収されての、少数派閥の地位にはもう甘んじない、との意思がうかがわれる。

だがそもそも今回の選挙が「ビビ降ろし」として展開したことを想起するなら、この連立の困難さは明らかである。「青と白」の側では、ようやく掴みかけた勝利を手放す理由はなく、リクードと連立を組むことには大きな抵抗があると思われる。また、首相の任期に制限を設ける法案や、対パレスチナで領土的な譲歩を示唆す「青と白」と、リクードとではそもそも政治方針が大きく異なる。選挙後の会見で「ヤミナ」は、「ガンツ主導の政府に加わる予定はない」と明言しており、大連立を組むならリクードは当初予定していた他の連立メンバーを失うことになると予想される。

とはいえリクードを中心に、ヤミナの他にシャス党や統一トーラー党など宗教政党を含めた連立だけでは過半数の61議席に達しない。今回の選挙結果では、「イスラエル我が家」以外に右派連立政権に参加しそうな正統は見当たらず、ネタニヤフ主導による右派連合の組閣に明るい展望を見いだすのは困難である。

それでは「青と白」を中心とした組閣となるのか。リヴリン大統領は現時点ではまだ誰に組閣を命じるのか明らかにしていない。「3度目の選挙は避ける」という強い意志を示しているだけに、大統領は、議席を獲得したすべての政党の党首との協議を経たうえで、可能性の高い人物に組閣を命じるだろうと報じられている。ネタニヤフが前回の組閣に失敗した点などを考え併せるなら、ガンツがその任に当たる可能性も高いと考えられる。しかし「青と白」も議席数はリクードとほぼ差はない。議席数を伸ばしたアラブ系政党に対して交渉の手を伸ばすものの、いまだ反応は冷ややかである。他に連立の相手を探そうにも、世俗婚やシャバットの日の公共交通機関の解禁などを掲げる「青と白」と、宗教派政党とのへだたりは大きい。

交渉の長期化を予想してか、ネタニヤフ首相は早々に、来週ニューヨークで開催される国連総会への欠席を表明した。議会内での勢力拮抗状態は変わらず、むしろ二大政党がそれぞれ基盤を弱める結果となった今回の選挙で、しばらくイスラエル政治の停滞と混迷は続きそうである。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ワールド

米19州・ワシントンでコロナ感染者減少、オミクロン

ビジネス

中国対抗と半導体投資増強の法案提出へ=ペロシ米下院

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月