最新記事

トラブル

あなたの英語Tシャツは大丈夫? 飛行機に乗れないことも......

2019年10月25日(金)15時00分
安部かすみ

今回問題になったTシャツは以前からいわくつきだった...... YouTube

<普段何気なく着ている英語のメッセージTシャツ。そのメッセージに気をつけている人はどのくらいいるだろう......>

海外から日本を訪れる観光客が増えているが、中には、思わず笑ってしまうような日本語のおかしなメッセージTシャツを着た人や、漢字のタトゥーを入れている人を見かけることもあるだろう。その多くはあまり意味はわからず、漢字やカタカナなどがかっこいいというイメージで身につけているのだが、同様のことは私たち日本人にも起こりうる。

脅威を与えるTシャツのメッセージ

アメリカで、飛行機搭乗時にあるメッセージのついたTシャツを着た乗客が問題になった

問題が起こったのは10月11日、ロサンゼルス発ボストン行きのユナイテッド航空。飛行機に搭乗しようとしていた乗客のTシャツの背中には、このようなスローガンが書かれていた。

「Rope. Tree. Journalist. Some assembly required」(ロープ 木 ジャーナリスト (そのような)取り付けが必要)

日本人の多くは特に何も思わないだろう。しかし、英語圏の人なら二度見しそうな意味深なメッセージだ。「ジャーナリストをロープにかけて木に吊るしあげる」つまりリンチをイメージをさせるものだからだ。また、このTシャツは2016年の大統領選でトランプ支持者が着て問題になったことがあったものだ。

このメッセージを搭乗口付近で見かけた男性はたまたま元ジャーナリストの男性で、脅威を感じたという。「危険人物の可能性あり」とフライトアテンダントに苦情を申し出た。

この苦情の連絡はフライトアテンダントから機長や警備担当者に伝えられたが、航空会社として「(この程度の)攻撃的なメッセージは問題なし」と判断され、Tシャツを着た男性には何も伝えずに、予定通り飛行機は運航した。

元ジャーナリストの男性の言い分は「"攻撃的"ではなく、ほかの乗客への"脅迫"だ」ということだったが、航空会社はこの男性に別機への搭乗変更の提案をしただけで、言い分は聞き入れられなかった。

元ジャーナリストの男性の姉妹がワシントンの月刊マガジン『Washingtonian』でフードエディターをしているジェシカ・シッドマンさんで、シッドマンさんが写真をツイッターで拡散したところ、瞬く間に5000以上リツイートされ、3400件以上コメントされるなど物議を醸した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株、コロナの脅威再び 「急落は買い場か」

ワールド

米NY州、知事が非常事態を宣言 新型コロナで

ワールド

南ア新変異株、米国内では感染確認されず=CDC

ビジネス

ロイターネクスト:プラダ次期CEO、一族経営維持を

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 9

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 8

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月