最新記事

難民

緒方貞子がルワンダ難民を大量強制送還したのは誤りだった

2019年11月6日(水)17時40分
米川正子(筑波学院大学准教授)

UNHCRの任務は人道支援と誤解されることがあるが、そうではなく難民保護である。それは具体的に「難民を国家や非国家主体の脅威や強制移転から守ること」を意味する。最も重要な難民保護の礎石とは、難民が迫害の危険に直面する国(母国を含む)への強制送還や恣意的な逮捕から難民を守ること。これは「ノン・ルフールマン」の原則として知られ、送還禁止という意味だ。

だがUNHCRはその原則に反してルワンダ難民を母国に強制送還し、また彼らの命を守ることができなかったのである。

そのため、UNHCRを「目の敵」と呼んだルワンダ難民がいる。緒方さん自身、1997年にコンゴの難民キャンプを訪れた際に、ルワンダ難民から「UNHCRはルワンダ難民を裏切った」と非難され、「難民の怒りや噴リが渦巻いていた」と記している(自著p.281)。

誤解のないよう強調したいが、UNHCRは上記の「虐殺」の罪や人権侵害に加担したわけではなく、罪の責任はルワンダ政府とアメリカ政府にある(これに関して、またルワンダ難民キャンプの軍事化や難民の人質に関してさまざまな誤解があるため、詳細は近刊の拙著『Post-genocide Rwandan Refugees, Why They Refuse to Return 'Home': Myths and Realities』を参照していただきたい)。

国連は難民の敵を支持

それなのに、なぜ難民はUNHCRに対しても怒りを抱いていたのか。それは、UNHCRがルワンダ政府軍によるルワンダ難民への殺戮行為を把握していたにもかかわらず、UNHCRはルワンダ政府への非難は一切しなかったからだ。さらに重要なことに、当時反政府勢力のルワンダ愛国戦線(RPF)が1990年~1994年にかけて一般市民を殺戮し、1994年の虐殺にも関与し、虐殺後に政権を奪取したのだが、難民はそのRPFに恐怖心を抱いていたにもかかわらず、UNHCRは難民に対して、RPF政権のルワンダに帰還すべきという立場を変えなかった。この母国への帰還は、ルワンダ現政府が推し進めた政策でもあった。

言い換えると、難民からすると、UNHCRは難民ではなく、難民と敵対関係にあるルワンダ政府を保護・支持していたことになる。そして難民は1994年にはルワンダで、続いて1996~1997年にはコンゴにて、RPFによる「ダブルの虐殺」に直面した。だからこそルワンダへの帰還を断固として拒否してきた。

この帰還に関して、緒方さんの自著の第3章の「アフリカ大湖地域における危機」に「難民帰還を早く進めることが解決策である」といった文言が繰り返されていることがわかる。母国への帰還はUNHCRの政策であり、冷戦後の政治に難民は制約されないという理由から、1990年代は帰還の10年になると発表した。緒方高等弁務官が就任した1991年、UNHCRの目標は「自主的帰還であり......、祖国に帰還する権利が与えられ、認められなければならない」と公言した。難民が苦しんでいる悲惨な状況を改善する代わりに、難民に故郷に帰るように推奨したことになる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ワクチン追加接種、オミクロン株に効果 入院リスク9

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ワールド

米19州・ワシントンでコロナ感染者減少、オミクロン

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月