最新記事

感染症

韓国でMERSが拡大した理由──国民の生命より体制維持を優先する「持病」とは

Seoul’s Chronic Problem

2020年2月7日(金)11時45分
前川祐補(本誌記者)

MERS拡大は財閥への韓国国民の怒りを招いた KIM HONG-JI-REUTERS

<新型コロナウイルス対策をめぐり、体制を揺るがす脅威と見なしたことは真実であっても隠蔽し、言及した者の「教育」に走る中国。同様に、2015年のMERS流行の際、韓国の朴政権が真相究明を弾圧で退けた。本誌2015年6月30日号掲載記事より>

韓国で猛威を拡大し続けるMERS(中東呼吸器症候群)の死者は、先週末までに24人に達した。WHO(世界保健機関)による緊急事態宣言こそ見送られたものの、感染が終息する見通しは立っていない。当初、MERS患者が重症化したり、死に至るのは高齢者が中心とみられていた。だが、先週40代の死者が出たことで「通説」が覆され、韓国社会に動揺が広がっている。

今回、韓国でMERSが広がった背景には、この国が抱える「持病」の再発がある──政府と財閥の癒着、そして自らへの批判や真相究明を許さない政府の「弾圧」行為だ。

韓国では10大財閥の売上高がGDPの7割に匹敵する。その頂点に君臨するのが、サムスングループだ。今回、約160人に上るMERS感染者の半数がその系列病院であるサムスンソウル病院で感染した。

「国内最高峰の医療機関」の呼び声高いサムスンソウル病院が犯したミスは致命的だった。まず、感染した医師や緊急搬送員が隔離されないまま勤務を続けて感染拡大の原因になった。さらに、隔離対象者にリストアップされるべき医療関係者や患者44人を見落とした。

ただ、批判が集まるのはこうしたミスよりも、感染拡大の原因をつくっておきながら傲慢な対応を取り続けてきたその姿勢にある。

MERS感染の拡大が明らかになり始めた今月2日、保健福祉省はMERS患者が発生した病院に対し、病棟全体を隔離する方針を示した。これを受けてソウル市内のほかの医療機関は次々と強制閉鎖に追い込まれたが、サムスンソウル病院だけは「自主判断」に委ねられ、通常の診療が続けられていた。

その後、感染が拡大すると、朴槿恵(パク・クネ)大統領は官民合同のMERS緊急対策チームに病院を強制閉鎖させる権限を付与した。それでも権限が発動されることはなく、サムスンソウル病院が閉鎖を決めたのは朴の発表からほぼ1週間後のことだった。意地でも病院を閉鎖しなかったのは経営を優先したため、とメディアは指摘している。

政府との取引で謝罪?

強気な姿勢は国会でも変わらなかった。MERS対策特別委員会に証人喚問されたサムスンソウル病院の感染内科長は、感染拡大の原因が同病院にあると指摘した野党議員に対して、「(感染拡大の穴は)われわれではなく国があけたものだ」と言い放った。

GDPの2割と同額の年商を誇る巨大財閥サムスングループに甘いのは政府だけではない。韓国メディアも、たとえ不祥事があっても面と向かった批判を控える、というのがこれまでの不文律だった。

さすがに今回はこぞって「傲慢な発言」「社会への影響より企業利益を優先」と、痛烈に批判。メディアの攻勢で追い込まれたサムスン病院の宋在焄(ソン・ジェフン)院長が国立保健研究院に呼び付けられ、朴に公開叱責される羽目に陥った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物1%超上昇、OPECプラスの増産維持で荒い

ワールド

米欧がベラルーシに追加制裁、移民問題で 英加も連携

ワールド

米政権、オミクロン対策発表 自宅検査無料化など 封

ビジネス

FRBの金融政策正常化を支持=リッチモンド連銀総裁

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月