最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】

「韓国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁を育んできた韓国人たちの物語

WHAT THEY LOVE ABOUT JAPAN: KOREAN STORIES

2020年2月4日(火)06時45分
森田優介(本誌記者)

ソウルの繁華街 SeanPavonePhoto-iStock.

<「反中」「反韓」「反日」......国と国民を同一視した言説があふれるが、隣国との間には個人レベルのつながりも多く存在する。「人を知る」視点を提供するべく、日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの生きざまを紹介する特集を企画した>

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、反中感情が世界に広がっている――そんな報道が出た。

憎むべきはウイルスであり批判すべきは当局の対応だとする冷静な声や、中国人差別に反対する動きもある。だが蔓延する不安が、「自業自得だ!」「出て行け!」という罵声をネットや路上にあふれさせる。

本誌は前号で、日本との縁を育んできた中国人たちを取り上げた。東京で活躍する声優から上海で日本式の保育園をつくった母親まで、一人一人の物語を提示することで、今まさに目の前で起こっているような、国と国民を同一視して糾弾する言説に異を唱える狙いがあった。

今号は韓国人だ。過去最悪に陥った日韓関係の中で、韓国人は全員「反日」だと捉え、それに対抗するかのように、韓国政府に限らず「韓国人」全体を批判する日本人――。日本のカルチャーを敬愛する韓国人を紹介することで、そうした風潮に対しても、日本と韓国の間に確かに存在するつながりを再提示できればと願っている。

毎号一般人のスナップ写真を無数に載せる「東京グラフィティ」という日本の若者向けカルチャー誌がある。2019年12月号の特集は「日韓LOVE&PEACE」となかなかに冒険的だ。山本太郎やタレントのはるな愛、評論家の金慶珠らが登場し、関係改善を訴えている。

だがそれよりも目を引くのが、日本人と韓国人夫婦の家族8組、そして日本人と韓国人の若いカップル10組のスナップ写真だ。韓国のアイドルや化粧品が好きな日本人もいれば、日本のアニメや映画が好きな韓国人もいる――といった、誰もが見聞きする以上の「つながり」が軽やかに映し出されている。

magSR200203korean-intro-2.png

2月11日号「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集の冒頭

今すぐに韓国人の友人を見つけることは難しいかもしれない。だが、本誌で描き出す韓国人たちの物語に耳を傾けることで「人を知る」視点を得ることはできる。なぜソウル出身の女性タレントが日本語で短歌を詠むのか。なぜ韓国のDJが日本の「昭和歌謡」をメインに活動するのか。そこから見えてくる何かがあるはずだ。

国同士の関係には厳しい現実が横たわっている。しかし個人レベルのつながりもまた、もう1つの確かな現実だ。彼らの「日本の●●を好きな理由」が、韓国だけでなく日本を見つめ直すきっかけにもなる。

<2020年2月11日号「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集より>

「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」より
ソウルで日本人客をおもてなし 「小川剛(長渕剛+小川英二)」の語った原点
ナイトテンポ、「昭和歌謡」で世界をグルーヴする韓国人DJの軌跡
「短歌は好きのレベルを超えている」韓国人の歌人カン・ハンナは言った

20200211issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月11日号(2月4日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集。歌人・タレント/そば職人/DJ/デザイナー/鉄道マニア......。日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの知られざる物語から、日本と韓国を見つめ直す。

【参考記事】「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁を育んできた中国人たちの物語

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。


●お知らせ
弊社刊行「Pen」誌の最新号は「平壌、ソウル」特集です。

pen20200215issue_cover150.jpg

【特集】平壌、ソウル
エレキベースを抱えた少女とギターを抱えた少女。
彼女たちが暮らすのは、北緯38度の軍事境界線を挟んで約196㎞の位置にある、平壌とソウル。
もとはひとつの国に暮らし、同じ言葉を話す人々が分断されて、70年以上が経った。
日々、両国のニュースは流れてくるが私たちはどれだけのことを知っているだろう。
偏見や思い込みから逃れて、初めて見えてきた2つの巨大都市のリアルを示す。

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=円・スイスフラン上昇、パウエル氏のタ

ビジネス

米国株式市場=下落、テーパリング加速や変異株巡る懸

ワールド

オミクロン、20カ国226例確認 重症化リスクの判

ビジネス

米経済回復は堅調と確信、先進国全体でインフレ進行=

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月